クレンジング

もっちり潤いたっぷり肌はクリームクレンジングが叶えてくれる!人気アイテムで理想の肌に近づけよう

女性_肌

人気が高いクレンジングクリーム。
でも、イマイチ特徴が分からないまま使っている人も多いのでは?

そこでMottoKireiのこの記事では、クレンジングクリームの特徴をご紹介します。
合わせて選び方やおすすめのクレンジングクリームもお教えてするので、ぜひ学んでいってくださいね。

 クレンジングクリームの特徴

最初は基本情報から。
クレンジングクリームって一体、どんな特徴があるのはチェックしていきましょう。

こっくりとしたクリーム

タイトル通り、厚めのテクスチャのこっくりとしたクリームです。
そのため、オイルやリキッドタイプのクレンジングより保湿力が高く、洗い上がりも肌がしっとりします。

肌が乾燥しやすい人にぴったりのクレンジングなのです。
また、肌のハリや小じわが気になってきた人にもおすすめ。

その保湿力で肌を潤し、若々しく見せてくれます。

ただし、オイルのようにしっかり目のメイクを落とすのは難しいです。
メイクの濃さに合わせて使い分ける必要があります。

どう選べば良い

様々な種類があるクリームクレンジング。
「どれを選べばいいの?」と悩む人も多いのでは?

でも2つのポイントを押さえておけば、スムーズに選べます。

①洗い流し専用

クレンジングクリームには拭き取り用と洗い流し用のものがありますが、洗い流し用を使うことをおすすめします。
なぜなら肌への負担を極力避けることができるからです。

拭き取り用の場合はコットンに染み込ませ、メイクを拭き取るように落とさなければいけません。
そのためコットンによる摩擦で肌が傷ついてしまいます。

また、メイクを完全に拭き取れない恐れもあります。
メイク残りは肌への負担が非常に大きいため、避けなければいけません。

逆に洗い流し用は拭き取り用と比較すると、たっぷりクリームを取って馴染ませることで摩擦を避けられます。
また、頑固なメイクだってしっかり落とせます。

ただ、拭き取り用は、界面活性剤の含有量が洗い流し用よりも少ないというメリットもあります。
デメリットばかりではないのです。

それでも、トータル的な肌の優しさを考えて洗い流し用をおすすめします。

②保湿成分が配合されているもの

コスパやパッケージデザインだけを見て選んでいる人も少なくないでしょう。
でも、成分表記もチェックするようにしてください。
それは、配合されている成分によって肌の状態が大きく左右されるからです。

化粧品を変えたとき「肌と合わない・・・」と感じたことはありませんか?
それは化粧品によって成分のチョイスが異なるからです。
安さや見た目だけで選ぶと肌との相性が合わず、結局買い換えなければなりません。

ずっと使っていられるクリームクレンジングを選ぶために、「保湿成分」が配合されているか必ずチェックしましょう。

◎スクワラン
◎セラミド
◎グリセリン

などが含まれているものがおすすめです。
保湿力が高く、洗い流したあともしっとり肌をキープできます。
乾燥予防になり、肌のバリア機能を守ることにも繋がります。

おすすめのクリームクレンジング

最後に私がおすすめするクレンジングクリームをご紹介します。
配合成分にこだわって作られており高品質です。

ノブⅢ クレンジングクリーム

ノブⅢ クレンジングクリーム引用:http://noevirgroup.jp/nov/g/g51501/

◎アルコールフリー
◎医薬部外品
◎無香料
◎無着色
◎低刺激
◎パッチテスト・アレルギーテスト済み

肌のことを考えて作られた、クリームタイプのクレンジングです。
アルコールフリー・無香料・無着色と非常に肌にやさしいところが魅力的です。
でもしっかりメイクはオフしてくれるので、洗い残しの心配はありません。

成分にもこだわれており

「セラミド」
「スクワラン」
「NMF」
「グリセリン」

といった保湿成分もしっかり配合。
肌のうるおいがUPし、乾燥を防げます。
また、バリア機能向上にも繋がり紫外線などの外的刺激のガードにも繋がります。

スキンコンディションが整い、顔色だったり化粧ノリが良くなりますよ。

まずは、化粧水や保湿クリームなどもセットになったトライアルセットから試してみるのもアリです。

化粧品のトライアルセット

8種類+美容液(今だけ)を約7日間試せて1,500円ならとてもお得です。

まとめ

クレンジングは土台(肌)を美しくするために欠かせません。
自分の肌に合ったクレンジングクリームを使うことで、今以上にもっともっとキレイになります。

リキッドクレンジングでツルツルゆでたまご肌に生まれ変わる~濃いメイクだってスルリと落とせる~

鏡_女性

お店でよく見かけるリキッドクレンジング。

でも、どんな特徴があるのか分からない人も多いのではないでしょうか。

そこで今回はリキッドクレンジングの特徴やメリット・デメリットといった基本情報をお伝えしていきます。

リキッドクレンジングの特徴&メリット

リキッドクレンジングとは?

リキッドクレンジングの主成分は水です。
そのため、オイルクレンジングよりサラサラとしたテクスチャが特徴的です。

洗浄力が高いため濃いメイクをした人に適したクレンジングです。
また洗い流しやすいため、クレンジング後のヌメリなども気になりません。

ちなみに、リキッドクレンジングにはオイルも含まれています。
商品によってオイルの含有量が異なり、洗浄力にも差があります。

リキッドクレンジングの魅力

◎ベタつきが気にならない
◎洗浄力が高くメイク落ちが良い
◎お風呂でも使ってOK
◎拭き取りとしても使用可能

といった4つのメリットが備わっているのが、リキッドクレンジングの魅力です。

ベタつきが気にならない
水が主成分なので、それほど油膜感がありません。
そのためオイルクレンジングやミルククレンジングと違ってベタつきを感がないのです。
ベタつきを気にする人におすすめです。

洗浄力が高くメイク落ちが良い
水の含有量が多い分、ほとんどの商品が界面活性剤を使っています。
界面活性剤はオイルと同等の洗浄力を持っており、塗り重ねたマスカラ、ウォータープルーフのメイクなどもごっそり落とします。

お風呂でも使ってOK
ほとんどのクレンジング剤は塗れた手で使うことをおすすめしていません。
その理由は水分と混ざり、油分が持つ洗浄力が低下してしまうから。

しかし、リキッドクレンジングは主成分が水のため、手が塗れた状態でも使えるのです。
お風呂に入りながらクレンジングを行うことも可能なので、時間短縮になります。

拭き取りとしても使用可能
リキッドクレンジングをコットンに含ませることで、拭き取りクレンジング代わりにもなります。
疲れた日や早く寝たいというときに便利です。

ただ、ケチらずたっぷり含ませなければメイク落ちが悪いですし、肌も痛めてしまいます。
できるだけコットンが浸るくらいクレンジング剤を含ませましょう。

リキッドクレンジングのデメリット

メリットを紹介してきましたが、デメリットがないというわけではありません。
注意点もあるので併せて把握しておきましょう。

×界面活性剤を含んでいる
×摩擦しやすい

この2つがリキッドクレンジングが持つデメリットです。
では詳しく説明していきます。

界面活性剤を含んでいる
リキッドクレンジングの洗浄力が高いのは界面活性剤が含まれているからと説明しました。

この界面活性剤はメイクだけでなく、肌に必要な分の皮脂までも落としてしまいます。
そのため洗い上がりに肌がツッパリやすいという注意点があるのです。

乾燥肌や敏感肌の人はオイルクレンジングによって、さらに肌の乾燥を加速させてしまう恐れがあります。

摩擦しやすい
リキッドクレンジングはオイルクレンジングと異なり、とろみがそれほどありません。
どちらかというとサラサラした状態のため、肌との摩擦が起こります。

つまり、クッションの役割がないということ。

ゴシゴシ擦ると肌へダイレクトにダメージを与えてしまうため、できるだけソフトに洗うように心がけましょう。

リキッドクレンジングを使うときの注意点

生理前の肌トラブルスキンケアをしている女性

軽めのテクスチャなので「たっぷり量を取る」ようにしてください。
ケチって量を減らすと、摩擦で肌に負担を与えてしまいます。

たっぷり取ったら、優しく馴染ませてメイクを落としてくださいね。

界面活性剤が多く含まれているので、くれぐれも長時間は洗わないように注意しましょう。

まとめ

以上がリキッドクレンジングの特徴や使い方でした。

リキッドクレンジングはあまり良くないというイメージが付いていますが、使い方を守れば大きな問題はありません。

最近は質の良い商品も数多く販売されているので、気になる人はぜひチェックしてみてくださいね。

基礎化粧品の種類や使い方を知ってる?アナタにおすすめする人気商品を今すぐチェック!

 

1 丸わかり!基礎化粧品の種類&用途

スキンケア中の女性

基礎化粧品は7種類あります。
用途が分かれば必要性を理解できますよ^^

7つの基礎化粧品の種類や特徴

クレンジング

主な役割
★メイク汚れを洗い流す
種類 クレンジングの強さ 刺激の強さ
ミルク 弱い
クリーム 弱い
ジェル 普通
リキッド 強い
オイル 強い

ファンデーションや下地、日焼け止めにはオイルが含まれているので、洗顔料だけできれいに落とすのは難しいです。
そういったメイクによる油溶性の汚れを落とすのが、クレンジングです。

ミルクやクリームは洗浄力が比較的弱いので、刺激も弱い方です。逆にリキッドやオイルは洗浄力があるので、刺激が強いです。

洗顔料

主な役割
★汗・ホコリ・皮脂を洗い流す
種類 洗浄力の強さ 刺激の強さ
洗顔フォーム 強い
固形石鹸 △(モノによる) 普通
ジェル 強い
普通
パウダー 強い

クレンジングとは違い、水溶性の汚れを落とす役割をしているのが洗顔料です。
商品によってはクレンジングも兼ねているものもあります。

化粧水

主な役割
★肌に水分を与える

・柔軟化粧水
➔一般的な化粧水(角質をほぐす)

・拭き取り化粧水
➔肌に残っている汚れを落とす

・収れん化粧水
➔肌(毛穴)を引き締める

・プレ化粧水
➔肌を柔らかくして化粧水の浸透率を高める

実は化粧水にも様々な種類があり、タイプによってこんなに用途が違うんです。
肌のコンディションに合わせて使い分けることで、健やかな肌をキープできます。

美容液

主な役割
★肌悩みのケア

・保湿美容液
➔肌の保湿効果を高める

・美白美容液
➔美白&透明感を高める

・エイジング美容液
➔たるみやシワなどのエイジングサインを予防する

・ニキビ専用美容液
➔ニキビを予防する

肌の悩み別に対するケアをしたいときに使うのが美容液です。
とくに悩みが気になる部分に対して、ピンポイントにケアできるのが特徴的です。

こっくりとしたクリームタイプや、みずみずしいジェルタイプまで様々なテクスチャが揃っています。

乳液

主な役割
★水分+油分を与える

・保湿乳液
➔肌に潤いを閉じ込めてキープする

・UV対策乳液
➔紫外線をカットする乳液

・ティント乳液
➔化粧下地の役割もする乳液

肌の水分と油分バランスを整えて、コンディションを維持する役割を持っています。
オイルが含まれている分多少ベタつきがありますが、さっぱりタイプとしっとりタイプに分かれているので肌質に合わせて選べます。

クリーム

主な役割
★潤いをキープする
★乾燥肌対策

乳液と似た役割を持っているのがクリームです。
ですが、乳液よりもテクスチャがこっくりしているので、その分保湿力が高いです。

日焼け止め

主な役割
★紫外線によるダメージから肌を守る

日焼け予防として使う基礎化粧品です。
UV-AやUV-Bといった紫外線から肌を守ってくれます。

基礎化粧品について簡単に説明しました。
どれも肌のコンディションを整えるためには欠かせません!

 2 基礎化粧品の選び方

化粧品選ぶ女性

各商品メーカーが、様々なタイプの基礎化粧品を販売しています。
値段も効果もちがう中から、自分の肌に会ったものも見つけなければいけません。

そこで、少しでも失敗せずに肌と相性の合う選び方を紹介します。

①たっぷり使えるものを選ぶ

プチプラやブランドなど基礎化粧品の値段はピンキリです。
なんとなくイメージで、「高いものの方が効果あるんだろうな~」と思っている人が多いと思いますが、プチプラもブランドも対して効果は変わりません。ただ、ブランドとなると宣伝費用がかかるため値段がドンと高くなっているのです。

だから、必ずしもブランドが良いというわけではありません。かと言ってプチプラがおすすめというわけではありません。

”遠慮なくたっぷり使える商品=お財布に負担のない値段”のものがベストです。

②化粧品は少しずつ揃える

基礎化粧品を変えるとき、一気にラインを揃えたくなると思います。
でも、万が一肌トラブルが起こったとき、化粧水が合わなかったのかまたは乳液が合わなかったのか見当がつかなくなります。

そうなると困るので、化粧品は少しずつ変えて肌トラブルが起こらないか確かめましょう。

③トライアルセットやサンプルから始める

新しい基礎化粧品に変える場合、実際に使ってみなければ自分の肌に合うか分かりませんよね。
でも、通常タイプのものを買って合わなかったとき、無駄になってしまいます。

そこでおすすめしたいのが、トライアルセットやサンプルです。
お試し量なので使い切りつつも、自分の肌に合うか手軽に確かめられます。
もし肌に合わなかったらまた違うものを探せば良いですし、合うなら通常タイプに切り替えればOKです!

この3つを押さえれば、基礎化粧品選びのリスクを減らせます。
また、実際に購入した場合

・かゆみ
・刺激感
・しみる

といった異常がないかチェックしてくださいね。
肌トラブルを感じた場合は使用を中止しましょう。

3 種類別~おすすめの基礎化粧品~ 

化粧品と手

私が厳選した基礎化粧品を種類別にご紹介します。
どれも質の良いものなので、ぜひ使ってみてくださいね^^

おすすめのクレンジング

洗顔フォーム

【ユイキ ホットスクランブクレンジングジェル】

★メイク落とし
★保湿ケア
★毛穴ケア
★角質ケア
★マッサージケア
★エイジングケア

という6つのケアが1本になったメイク落としです。
ただメイクを落とすだけでなく、肌悩みにもアプローチして健やかな肌をキープしてくれるところが特徴的です。

”京都祝米 純米大吟醸にごり酒”の酒粕やコンニャクスクラブ、温感美容液と保湿成分が配合されており、肌本来の姿を取り戻してくれます。
また、ホットクレンジングということもあり肌がポカポカして気持ち良いです。
アットコスメの口コミでもかなり評判が良く、ぜひ一度自分で使い心地を体感してほしいです。

「しっかりメイクは落としたいけど、肌の乾燥は奪いたくない!」
「潤いのある肌にしたい」
「くすみのない透明感のある肌になりたい」

そういった願いを叶えてくれる1本です。

\ユイキ ホットスクラブクレンジングジェル/
¥2,800

おすすめの洗顔料

くろあわわ

どろ豆乳石鹸 くろあわわ

★無香料
★無着色
★無鉱物油
★石油系界面活性剤フリー

4つの添加物不使用の泥洗顔料がどろあわわから登場しました!
泥洗顔市場では6年連続売上金額№.1を獲得し、累計出荷1050万個を突破している実力ある商品です。

”やし殻活性水”や”天然泥炭”といった毛穴汚れを吸着してくれる炭に、角質オフしてくれるマンナン粒といった成分が配合されています。
もちろん、どろあわわに含まれている泥成分もたっぷり配合。よりグレードアップした泥洗顔料です。

\どろ豆乳石鹸「くろあわわ」/
初回限定¥1,490

おすすめの化粧水

水と商品

肌しるべ化粧水

★ブースター
★化粧水
★美容液
★乳液
★クリーム
★パック

従来のスキンケアをひとつで済ませることができる優れものです。
この後に乳液やクリームをもう一度施せば、さらに美肌を実感できます。
水分を与えそして逃さない!というところが肌しるべ化粧水の魅力です。

肌しるべ化粧水は、紫外線・大気汚染・雑菌・ほこりといった外的刺激による乾燥から肌を守り、「くすみ」「しわ」「たるみ」「毛穴」「シミ」「ニキビ」といった数々の肌トラブルを予防してくれます。

たったひとつでスキンケアが完了するから肌への負担を軽減でき、コスパも気にせずに使えますよ^^

\肌しるべ化粧水/
初回限定¥500(モニター価格)

 

おすすめの美容液

白いボトルの化粧品

タイムレスジェリーセラム

★透明感
★ハリ
★キメ
★ツヤ
★潤い
★柔らか

を実感できる肌へと整えてくれる美容液です。
オーガニック&9つの無添加と肌のことを考えられた、オトナ女子にイチ押ししたいひとつです。
”ヒト型幹細胞エキス” ”ヒト型セラミド” ”APPS” ”ビタミンCエチル”といった美容成分が豊富で、内側から輝く肌にしてくれます。

楽天の美容液部門で1位を獲得するなど、定評があるので安心して使えますよ。

「敏感肌でどの化粧品も合わなかった人」
「年齢のせいで肌の衰えきが気になってきた人」

などはぜひ使ってみてください!

\タイムレスジェリーセラム/
初回無料(通常¥12,000)

おすすめの乳液

女性とピンクのボトル

LAUDIクリーミィモイストミルク

★オールイン乳液
★パラベンフリー
★鉱物油フリー
★アルコールフリー

と肌になるべくダメージを与えないことを考えられた乳液です。
ドクターが監修している情報サイト、スキンケア大学でも紹介された信頼できる商品です。

乳液なのに美容液とクリームの役割も果たしてくれるので、これひとつあればバッチリ保湿できます^^
肌の酸化を止めてくすみゼロの透明肌へと導いてくれます。

\LAUDIクリーミィモイストミルク/
初回限定¥1980

おすすめのクリーム

女性の横顔とクリーム

デファンドル・ドネ シルクスキンクリーム

★海洋深層水
★シルクフィブロイン
★香料フリー
★着色料フリー
★添加物フリー
★防腐剤フリー

有効成分を使って作られたクリームなので、界面活性剤不使用です。
界面活性剤が使われていなくても、シルクフィブロインが配合されているのでしっかりと肌の潤いをキープすることができます。

クリームといってもベタつかず、スーッと馴染むので気持ち良く使えると評判です。
カサカサしていた鼻周りもクリームのおかげで収まり、しっとりとした肌へと蘇ります^^

デファンドル・ドネ シルクスキンクリーム/
定期コース¥6750(1個)

 

おすすめの日焼け止め

日焼け止めクリームと葉っぱ

MAMA&BABY UVMILK

★朝夕使ってOK
★赤ちゃんにも使える
★クレンジング不要

と今までなかったタイプの日焼け止めクリームです。
赤ちゃんにも使えるくらい低刺激なので、デリケートな肌の方にもおすすめ。
しかも天然成分のパワーだけで、SPF17.7と紫外線をカットするチカラも強力です。しっかりと肌を紫外線から守ってくれます。

朝はUVケアと化粧下地、夜は保湿ケアとして使ってみてはいかがでしょうか。

\MAMA&BABY UVMILK/
トライアルサイズ¥980円

4 スキンケアの目的&順番 

ボトルを持つ女性

まずは朝・夜のスキンケアポイントを説明します。
スキンケアはスキンケアでも、朝と夜では目的が異なります。

朝と夜のスキンケア目的のちがい

【朝】
寝ている間、顔についた汚れや皮脂を落とす
外部の刺激から肌を守る

【夜】
メイク汚れや皮脂汚れを落とす
ダメージを受けて弱まった肌をケアする

朝のスキンケアも、夜のスキンケアも肌のためにしっかりと行いましょう。

スキンケアの手順

①クレンジング

②洗顔

③化粧水

④美容液

⑤乳液

⑥クリーム

⑦日焼け止め

これが基本的なスキンケアの順番です。
ですが、①のクレンジングに関しては”夜”だけでOKです^^
④美容液と⑥クリームは省略してもらっても構いません。そして、⑦日焼け止めは朝のみで大丈夫です。

また、化粧品の浸透が悪いと感じたときは、化粧水の前に導入化粧水を取り入れてみてください。
肌が柔らかくなって化粧水がグングン浸透します♪

5 肌状態に合わせてスペシャルケアも行おう!

化粧品

肌の状態は、体調や環境などによって左右されます。
「なんだか今日は肌の調子がいいなー♪」という日があれば、生理前になると急にニキビが増えたり乾燥しやすくなったりと調子が悪くなる日もあります。

本当は毎日一定の状態をキープしたいですが、それは難しいです。
でも、その状態で放置するのも良くありません。
しっかりと肌の状態と向き合って適切なケアをすることを心がけましょう!

おすすめのスペシャルケア

★フェイスパック
★蒸しタオル
★スチーマー
★ピーリング

肌の調子が悪くなったときは、そのときのコンディションに合わせてこういったケアもぜひ取り入れましょう!
ひと手間かかりますがその分肌状態が改善されます。

輝肌マスク

女性とマスク

乾燥していた肌がしっとりモチモチになります。
マスクをしたまま家事をする主婦も続出!これを付けるだけで化粧ノリ抜群と好評です。

★定期コース★
初回半額2,430円

6 まとめ

目を瞑っている色白の女性

基礎化粧品の種類や用途を理解できたでしょうか?
肌を健やかに保つためには、基礎化粧品のチカラが必要です。

肌という土台をしっかり整えることで、メイク乗りも良くなりますよ^^
女性の肌はストレスや環境の変化などに弱いです。すぐにバランスが崩れてしまいます。

だからこそ基礎化粧品を使って、毎日のケアを怠らないようにしましょう!
そうすれば常に美しい肌をキープできますよ★

美は1日にしてならず。
スキンケアと長く付き合っていきましょう。

【注目】石鹸で落ちないミネラルファンデーションはクレンジングが必要!

色白の女性

ミネラルファンデーションは石鹸だけで落とせると思っている人が多いと思います。
ところが、場合によってはクレンジングを使用しないとメイク汚れが落ちないこともあります。

それを知らずに石鹸だけで顔を洗うと肌は、汚れが残ったまま。
どういう風に洗顔をした方が良いのか、また、クレンジングはどういったときに行うのかチェックしていきましょう。

1 ミネラルファンデーションって石鹸で落とせるの?

洗顔している女性クレンジング不要と書かれているミネラルファンデーションは、石鹸のみで落とすことが可能です。
ところが、シリコンが使われているミネラルファンデーションの場合は石鹸だけで落とすことができないので、クレンジングもしなければなりません。

でもシリコン使っているかどうかなんて、素人には見分けつきませんよね^_^;
まずはパッケージや広告で判断すると良いですよ!

2 石鹸選びがポイント

オレンジ色とクリーム色の石鹸石鹸で落とせるミネラルファンデーションだからと言って、どんな石鹸を使っても良いというわけではありません。
石鹸の種類によってはファンデーションが落ちない場合もあります。
そこで、どのような石鹸がミネラルファンデーションと相性が良いのかチェックしていきましょう!

ポイント① 石鹸素地

石鹸には界面活性剤と言って、洗浄力をマイルドにする成分が配合されている場合があります。
しかし、界面活性剤が入っているとミネラルファンデーションは落としづらいです。

そこで成分に【石鹸素地】と書かれているタイプをおすすめします。

ポイント② 弱アルカリ性

弱酸性や中性の石鹸は洗い上がりが優しいですが、界面活性剤が配合されているためミネラルファンデーションとの相性はあまり良くありません。
弱アルカリ性のものの方が相性が良いです。

3 クリームやリキッドタイプ・日焼け止めを使っている場合はクレンジングが必要

ボトルを持っている女性と鏡石鹸で落ちるミネラルファンデーションを使っていても、日焼け止めや下地をしている場合は石鹸だけでメイク汚れを落とすのは難しいです。
またクリームやリキッドタイプのミネラルファンデーションファンデーションの場合、肌への密着度が高いため肌に残ります。

肌に汚れが残ったままの状態だと汚れが毛穴に詰まり、ニキビや毛穴開きといった肌トラブルの原因になるので注意しましょう。

クレンジングであまり肌に負担をかけたくないと言う場合は、軽めの日焼け止めや下地を使うと良いですよ◎
また、クリームやリキッドタイプではなく、パウダータイプのファンデーションを選びましょう!

4 ミネラルファンデーションが落ちづらいシーズンは夏&冬

海と髪の毛をかきあげている女性季節によってもミネラルファンデーションが落ちない場合があります。
そういうときは、いつもより念入りな洗顔をした方が良いでしょう。

夏は汗や皮脂の分泌量が盛んになりますし、毛穴の奥に入りやすくなり汚れを落としづらくなります。
とくにリキッドやクリームファンデーションの場合皮脂と混ざり合いやすくなり、洗い残しやすいという問題があります。

肌が乾燥しやすい冬は角質層がめくり剥がれて、ミネラルファンデーションが角層やキメの間に入りやすくなります。
そのため洗顔だけでは汚れを落とし切ることができないのです。

保湿スキンケアを重視して肌のコンディションを整えるようにしましょう。

季節に合わせて使用するミネラルファンデーションを変えたり、スキンケアで肌を整えたりして洗顔でもしっかり落とせるようにしましょう。

5 きれいに落とせる洗顔方法

顔を洗っている女性と水道ミネラルファンデーションが落ちづらいなと思ったときに、試して欲しい方法を2つ紹介します。

予洗いする

すぐに泡を顔に乗せて洗うのではなく、まずは35度くらいのぬるま湯で汚れや油分をよく落としましょう。
とくにクリームやリキッドファンデーションを使っている場合は、この予洗いが肝心になってきます。

予洗いをして油分を落とすことで泡垂れも防ぐことができ、フワフワの泡でソフトに洗顔できます。

石鹸を泡立てる

泡立ちが良い石鹸や泡立てネットを使用して、濃密な泡を立てましょう。
小さい泡が毛穴に入り込み、ファンデーションをしっかりと落としてくれます。

ちょっとしたポイントを押さえるだけで、ミネラルファンデーションを落とせるので試してみてくださいね^^

6 まとめ

半顔の女性洗顔やクレンジングのポイントを押さえることはできたでしょうか?
ミネラルファンデーションの種類だったり、日焼け止めや下地の影響で石鹸だけではメイクを落とせないこともあります。

汚れが残ったままの状態で生活すると肌が不健康で、ボロボロの状態になります。
それでは肌に優しいミネラルファンデーションを使っている意味がなくなりますよね。

状況に応じてクレンジングも使って、きれいな肌にしましょう。

DUOザクレンジングバームでは肌の潤いを保つことは出来ない?実際に購入した人たちの口コミ評判や、クリームに配合されている成分と効果を大公開

スキンケアの最初のステップはクレンジング。だからこそ、しっかりと汚れを落としつつ肌に優しいクレンジングを選ぶことが、美肌づくりのために必要なのです。
DUOザクレンジングバームはメイク落ちと肌への優しさを両立し、エイジングケアまでできてしまう優れもの!
DUOザクレンジングバームがほかのクレンジングとは違う理由を、詳しく説明していきます。

続きを読む

【驚愕】ビュールクレンジングバームではお肌のトラブルを防げない?実際に使用した人たちの口コミ評判や、クリームの効果や成分について徹底調査

加齢と共にどんよりとくすむお肌。お肌をくすませてしまう原因は、間違った洗顔方法やメイク残りなど様々です。しかし、エイジングケア専用クレンジングの【ビュールクレンジングバーム】があれば、老け見えも解消できちゃいます!

続きを読む

スキンビル(skinvill)で美肌に成れるのは本当なのか?口コミ評判や効果的な使い方について紹介。ホットクレンジングジェルの化粧水が毛穴の汚れをすっきり解消してくれる!

最近話題のホットクレンジング剤で有名なスキンビル
顔になじませるだけでじんわりと温かい泡で肌を包み込んでいきます。

肌へのダメージも少ないクレンジング剤っていったいどんなもの?
ホットクレンジング剤で有名なスキンビルを徹底調査!

続きを読む