シミを消したいならレーザー治療がおすすめ!7種類から自分に合った方法を見つけよう

そばかすがある女性
シミ消しクリームは手軽にシミケアができるので続けやすいですが、即効性はありません。

長期戦になるので「今すぐにでもシミを消したい!」という人にはほとんど向きません。

そんな即効性を求める人におすすめなのが”レーザー治療”です。

こちらでは、レーザー治療の特徴を紹介していきます。
シミを消したい女性はぜひご覧くださいね。

レーザー治療を受けたらどのくらいでシミは消える?

レーザー治療をしたからと言って1日でシミが消えるというわけではありませんが、だいたい1ヶ月くらいで薄く目立たなくなってきます。

レーザー治療当日~翌日
レーザー照射をした部分は炎症が起こるため、病院で処方されたガーゼやテープを患部に貼って保護します。

レーザー治療4~10日
この頃からレーザー照射したシミのかさぶたが剥がれ落ちてきます。

レーザー治療11日以降~
かさぶたが剥がれ落ちた部分は、肌のターンオーバーによって約1ヶ月かけて肌の色と馴染んできます。

このような過程を得てシミは目立たなくなるのです。

しかし、うまくシミが剥がれ落ちない場合は再度レーザー治療を行わなければいけない場合も。
このことから、技術のある医師のもとでレーザー治療を受けることをおすすめします。

また、レーザー治療によって一時的に弱まった肌に再度レーザー照射をすると、炎症性色素沈着ができることも。
つまり炎症によって濃いシミができるということです。

肌の状態を確認するためにも、定期的に病院に通院しなければなりません。

レーザー治療は痛いって本当?

多くの女性がレーザー治療による痛みが気になると思います。
「レーザー脱毛は痛い・・・」って聞きますもんね。

結論から言うと、大げさな痛みではありません。

◆チクっとするくらい
◆ゴムで弾かれた刺激

というイメージをしてもらえれば分かりやすいと思います。
多少痛みはあっても我慢できないほどの痛みではないので、深く心配する必要はないです。

たしかに従来のレーザー治療は照射時間が長かったため、確かに強い痛みを感じました。
しかし、昨今のマシンは最新のものが多く機能性もだいぶ優れています。
そのことから、レーザー治療は痛いという噂は気にしなくても良いですよ。

それでも痛みが不安な人は医師に相談することで、痛み止めクリームを塗ってもらったり麻酔を打ってもらったりできます。

安心してレーザーによるシミ治療に望んでください。

シミを消す7つのレーザー種類

レーザー治療引用:http://www.21vin.com/menu_laser/

一言でレーザー治療と言っても、マシンの種類は7つあります。
それぞれ特徴が異なります。

◆YAGレーザー
・表皮・真皮、両方のシミに効果的
・1度の施術で効果ある
・ほとんど痛みはない
・約1週間、患部に絆創膏を貼る

◆Qスイッチルビーレーザー
・皮膚の奥深くのシミも照射可能
・軟膏で患部を保護
・YAGレーザー同様、痛みはほぼない

◆Qスイッチヤグレーザー
・肝斑に効果的
・レーザーや弱い分、薄いシミにも効果的
・痛みが心配な人向き

◆Qスイッチアレキサンドライトレーザー
・日本人の肌質とマッチする
・黒色のみに反応する

◆レーザートーニング
・肝斑に効果的
・レーザーが弱い分痛みはほぼない

◆フォトフェイシャル
・ダウンタイムがほぼない
・ガーゼや絆創膏を貼らなくて良い
・数回に分けてシミを薄くする

◆炭酸ガスレーザー
・盛り上がりのあるシミに効果的
・局部麻酔を行ってレーザー照射をする

自己判断でどのレーザー治療にするか決めるのは難しいです。
シミの種類や大きさ・濃さ、ダウンタイムなどさまざまなことを医師とカウンセリングした上で決めてくださいね。

施術後の注意点!

レーザー治療後の肌はとてもデリケートです。
ケアによって肌の状態が大きく変わるので、注意しましょう!

◆ガーゼ・絆創膏を無理に剥がさない
◆病院で処方してもらった薬はちゃんと使う
◆紫外線対策を行う
◆大量の汗をかくのを控える
◆メイクについて医師に相談する

この5つのポイント守って、治療後の生活を過ごしてくださいね。
シミが剥がれ落ちるのをワクワクしながら待ちましょう!

まとめ

シミに効果的なレーザー治療について紹介しました。
レーザー治療と聞くと「手術!?」と大掛かりな治療のように思う人もいるかもしれません。

しかし、レーザー治療はダウンタイムも短く、傷跡もほとんどないので実際はとても受けやすいんですよ。
なにをしても消えないシミやできるだけ早くシミを消したい人には、レーザー治療が1番適しています。