ケロイドによる痛々しいニキビ跡を治療しよう!治りにくいからこそ早めの対処が必要

鏡_女性

ニキビ跡のケロイドは一生消えないの?と不安に思っている人も多いと思います。
そもそもケロイドってどんな状態?という人もいるのでは。

今回はニキビ跡によってできたケロイドについて説明していきます。
悩んでいる人はぜひご覧ください。

ニキビ跡の種類

まずはニキビ跡の種類について知りましょう。

5種類のニキビ跡

ニキビ跡と言っても実は5種類もあるんです。

①赤みのあるニキビ跡
②色素沈着によるニキビ跡
③クレーター状のニキビ跡
④硬くしこり状のニキビ跡
⑤光沢感のあるニキビ跡 ←これがケロイド状

ケロイドは赤みや褐色を帯び、なおかつ光沢感があるため他のニキビ跡と区別がつきやすいです。

ケロイドは2種類ある

そんなケロイドですが、実は2つに分かれます。

①真性タイプ
傷跡の範囲よりも少しずつ大きくなる特徴があります。
顔だけでなく胸元や背中、上腕といった体にもできやすいです。
強い赤みと痛み、かゆみを感じます。

・アトピー性皮膚炎
・アレルギー性鼻炎
・喘息

といったアレルギーを持つ家系だと、真性のケロイドになりやすいとされています。

②肥厚タイプ
肥厚性瘢痕(ひこうせいはんこん)というタイプのケロイドです。
肌の再生時に組織が過剰に作られ、プクッと盛り上がってしまいます。
傷跡と同じ大きさででき、時間が経過すると共に平らになってきます。

下の方でさらにケロイドについて詳しく説明します。

厄介なケロイド状のニキビ跡について

ニキビ跡=肥厚性瘢痕

先程ケロイドには2つの種類があると説明しましたが、ニキビ跡によるケロイドの場合「肥厚性瘢痕」になるケースがほとんどです。
肥厚性瘢痕はコラーゲンの過剰生成や、コラーゲンが折り重なることでできます。

簡単に言えば「コラーゲンが異常な状態で作られている」ということなので、新陳代謝が正常になれば治まります。
しかし、治るといっても数年と時間がかかるため、はやく治したい人は専門科で治療を受けましょう。

しこりと間違えやすい?

「しこりニキビ」という名前を聞いたことありますか?
結びあったコラーゲンなどの組織が増えて、硬くなった状態です。
膿腫や硬結とも言います。

皮脂や角質などが皮膚に蓄積しやすくなっており、自然に治ることがありません。
専門的な治療が必要です。

しこりニキビもケロイドと同じように肌が盛り上がるため間違えられやすいですが異なるので、見分けがつかない場合は専門医に診てもらってください。

ケロイド(肥厚性瘢痕)はどう治療する?

ドクター

ニキビ跡として現れやすいケロイド、肥厚性瘢痕の治療は6種類あります。

①外用療法
ヒルドイド軟膏やステロイド外用薬などを使用し、治療する方法です。
ステロイドは皮膚を萎縮させる働きを持ち、その作用でケロイドを治療していきます。

②局所注射療法
ステロイドを患部に直接注射する治療方法です。
痛みが強いですが、ダイレクトに効くため高い効果を期待できます。

③内服療法
飲み薬で治療する方法です。
抗アレルギー剤のリザベン(トラニスト)を使用します。
数ヶ月ほど期間は必要ですが、ケロイドによるかゆみにも効果的です。

④圧迫療法
ケロイド部分を圧迫して、凹凸をフラットにします。
シリコンシートなど素材が柔らかいものを使用し、ケロイドを直接圧迫します。

⑤レーザー治療
患部にレーザーを照射し、コラーゲンの増殖を阻害します。
レーザーと言っても種類は様々で、クリニックによって変わります。
効果と即効性に優れており人気の治療方法ですが、中には合わずに悪化する人もいます。

⑥手術
ケロイドを切除し、その部分を縫合する治療方法です。
術後の傷によって新たなケロイドができないよう、放射線治療が行われる場合もあります。

まとめ

ニキビ跡の種類のひとつ、ケロイドについて説明しました。
ケロイドはとくに跡が目立つため、女性の場合一刻もはやく治したいと思います。

ただセルフだと治すのは難しいため、躊躇することなく病院へ行きましょう。
そして、ニキビができないようにしっかり対策をしてくださいね。

ニキビ跡をはやく治して、オシャレやメイクを楽しみましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る