肌にやさしいミルククレンジングで毎日のメイクをオフ!

顔を洗っている女性

メイクは肌に負担を与えてしまうため、クレンジングで毎日落とすことはとても大切です。
しかし、そんなクレンジングもタイプによっては肌に負担を与えてしまうもの。

そこで肌にやさしいミルククレンジングについて紹介していきます。

「これからミルククレンジングを購入する人」
「肌が荒れやすい人」
「ナチュラルメイクの人」
「肌にやさしいクレンジングを使いたい人」

などは、ぜひこちらの記事をご覧くださいね。

ミルククレンジングの4つの魅力

まず始めに、ミルククレンジングの良いところをご紹介!
これを知ればきっとミルククレンジングを使いたくなるはず。

①肌への負担を減らせる

オイル・リキッド・クリームなど、様々なタイプのクレンジングがあります。
それらの中でミルククレンジングは、最も肌にやさしいです。

それは、油分や界面活性剤の含有量が少ないから。

これらの成分は非常に洗浄力が高いですし、肌へ刺激を与えてしまう原因でもあります。

でもミルククレンジングはこれら成分の含有量が少ないため低刺激性で、安全に使用できるのです。

②敏感肌でも使える

すぐ痒くなったり、ヒリついたりと肌が弱い人は多いでしょう。
そんな人がオイルやリキッドクレンジングを使用すると刺激が強すぎるせいで、さらに肌を痛めてしまいます。

でも、ミルククレンジングは肌にやさしい分、敏感肌の人でも使いやすいです。

③ナチュラルメイク派に最適

パウダーやプレストファンデなど、軽いタッチで仕上げたメイクの場合、十分ミルククレンジングで落とすことができます。

ただ、洗浄力がオイルやリキッドと比べると強くないため、リキッドファンデーションやクリームファンデーションなどのオフには向いていません。

あくまでもナチュラルメイクのオフに向いているということ。

④水分の含有量が多い

界面活性剤や油分よりも、水分を多く含んでいるという特徴があります。
そのため洗い上がりも、必要な水分が肌に残っている状態。

つまり、潤いを残して肌の乾燥を防げるということです。

乾燥肌の人にも最適なクレンジングです。

ミルククレンジングの良いところを知ってもらえたでしょうか?
続いて、失敗しない商品の選び方をご紹介します!

ミルククレンジングのセレクト方法

両手を頬に当てる人

種類豊富なミルククレンジング。
どれを選ぼうか迷ってしまう人も多いでしょう。
そこでセレクトポイントをご紹介します。

できるだけオーガニックのものを選ぶ

ミルククレンジングは肌にやさしいとご紹介しましたが、それでももっと肌へのやさしさにこだわっている人は多いと思います。

そんな人にはオーガニックタイプのものがおすすめです。

天然由来の素材で作られており、デリケートな肌の人でも使いやすいくらいです。

続けやすい価格帯のものを選ぶ

収入と見合っていない商品を選ぶと、継続して使えません。
使い続けるためにも、価格帯を考慮して選ぶようにしましょう。

「高いから良い商品」「安いから質が悪い」

そんなことはありません。
高くても安くても良い商品はたくさんありますので、まずは価格帯を検討するようにしましょう。

保湿成分が配合されているものを選ぶ

見合った価格帯の商品を選びましょうとお伝えしましたが、配合成分を見ることも大切です。

とくにチェックしてほしいのは、保湿成分が含まれているかというところです。

保湿成分の含有量が多いほど、洗い上がりの肌がしっとりして乾燥を防げます。

◎スクワラン
◎セラミド

などが含まれているかチェックしましょう。

ちょっと大変かもしれませんが、肌のことを考えて丁寧に選んでくださいね。

「手のひらで温めて使う」のがポイント

ミルククレンジングは”手のひらで温めて”使うのがポイントです。

それは、油が水に包まれた状態だから。

温めるとその温度で油が溶け出し、水を包み込むような状態になります。
ミルククレンジングの場合温まるまでに時間がかかるため、直接肌につけながら温めるとダメージを与えてしまいます。

だから予め手のひらで温めることが重要なんです。
しっかり温めることでメイク馴染みも良くなり、洗い残しを防ぐことができます^^

まとめ

ミルククレンジングについて知ってもらえたでしょうか?
自分の肌と相性の良いものを選び、しっかりとメイクをオフしていきましょう。

そうすることで肌が休まり、スキンコンディションが整います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る