もっちり潤いたっぷり肌はクリームクレンジングが叶えてくれる!人気アイテムで理想の肌に近づけよう

女性_肌

人気が高いクレンジングクリーム。
でも、イマイチ特徴が分からないまま使っている人も多いのでは?

そこでMottoKireiのこの記事では、クレンジングクリームの特徴をご紹介します。
合わせて選び方やおすすめのクレンジングクリームもお教えてするので、ぜひ学んでいってくださいね。

 クレンジングクリームの特徴

最初は基本情報から。
クレンジングクリームって一体、どんな特徴があるのはチェックしていきましょう。

こっくりとしたクリーム

タイトル通り、厚めのテクスチャのこっくりとしたクリームです。
そのため、オイルやリキッドタイプのクレンジングより保湿力が高く、洗い上がりも肌がしっとりします。

肌が乾燥しやすい人にぴったりのクレンジングなのです。
また、肌のハリや小じわが気になってきた人にもおすすめ。

その保湿力で肌を潤し、若々しく見せてくれます。

ただし、オイルのようにしっかり目のメイクを落とすのは難しいです。
メイクの濃さに合わせて使い分ける必要があります。

どう選べば良い

様々な種類があるクリームクレンジング。
「どれを選べばいいの?」と悩む人も多いのでは?

でも2つのポイントを押さえておけば、スムーズに選べます。

①洗い流し専用

クレンジングクリームには拭き取り用と洗い流し用のものがありますが、洗い流し用を使うことをおすすめします。
なぜなら肌への負担を極力避けることができるからです。

拭き取り用の場合はコットンに染み込ませ、メイクを拭き取るように落とさなければいけません。
そのためコットンによる摩擦で肌が傷ついてしまいます。

また、メイクを完全に拭き取れない恐れもあります。
メイク残りは肌への負担が非常に大きいため、避けなければいけません。

逆に洗い流し用は拭き取り用と比較すると、たっぷりクリームを取って馴染ませることで摩擦を避けられます。
また、頑固なメイクだってしっかり落とせます。

ただ、拭き取り用は、界面活性剤の含有量が洗い流し用よりも少ないというメリットもあります。
デメリットばかりではないのです。

それでも、トータル的な肌の優しさを考えて洗い流し用をおすすめします。

②保湿成分が配合されているもの

コスパやパッケージデザインだけを見て選んでいる人も少なくないでしょう。
でも、成分表記もチェックするようにしてください。
それは、配合されている成分によって肌の状態が大きく左右されるからです。

化粧品を変えたとき「肌と合わない・・・」と感じたことはありませんか?
それは化粧品によって成分のチョイスが異なるからです。
安さや見た目だけで選ぶと肌との相性が合わず、結局買い換えなければなりません。

ずっと使っていられるクリームクレンジングを選ぶために、「保湿成分」が配合されているか必ずチェックしましょう。

◎スクワラン
◎セラミド
◎グリセリン

などが含まれているものがおすすめです。
保湿力が高く、洗い流したあともしっとり肌をキープできます。
乾燥予防になり、肌のバリア機能を守ることにも繋がります。

おすすめのクリームクレンジング

最後に私がおすすめするクレンジングクリームをご紹介します。
配合成分にこだわって作られており高品質です。

ノブⅢ クレンジングクリーム

ノブⅢ クレンジングクリーム引用:http://noevirgroup.jp/nov/g/g51501/

◎アルコールフリー
◎医薬部外品
◎無香料
◎無着色
◎低刺激
◎パッチテスト・アレルギーテスト済み

肌のことを考えて作られた、クリームタイプのクレンジングです。
アルコールフリー・無香料・無着色と非常に肌にやさしいところが魅力的です。
でもしっかりメイクはオフしてくれるので、洗い残しの心配はありません。

成分にもこだわれており

「セラミド」
「スクワラン」
「NMF」
「グリセリン」

といった保湿成分もしっかり配合。
肌のうるおいがUPし、乾燥を防げます。
また、バリア機能向上にも繋がり紫外線などの外的刺激のガードにも繋がります。

スキンコンディションが整い、顔色だったり化粧ノリが良くなりますよ。

まずは、化粧水や保湿クリームなどもセットになったトライアルセットから試してみるのもアリです。

化粧品のトライアルセット

8種類+美容液(今だけ)を約7日間試せて1,500円ならとてもお得です。

まとめ

クレンジングは土台(肌)を美しくするために欠かせません。
自分の肌に合ったクレンジングクリームを使うことで、今以上にもっともっとキレイになります。