デリケートゾーン

デリケートゾーンの黒ずみは皮膚科で解消しよう!4つのおすすめ治療をご紹介

黒い下着の外国人女性
デリケートゾーンの黒ずみに悩んでいる女性はとても多いですよね。

「彼氏に見られたくない・・・」
「あしたお泊りなのに!」
「嫌われちゃうかも(泣)」

など、デリケートゾーンの黒ずみが原因で不安を抱えていませんか?
そんな女性におすすめしたいのが皮膚科での治療です

皮膚科で受ける治療のメリットや注意点などを包み隠さず伝えていきます。
本気でデリケートゾーンの黒ずみに悩んでいる人は、ぜひこちらの記事をご覧ください。

皮膚科で受けられる治療

まずは、どうして皮膚科での治療がおすすめなのか、そして皮膚科ではどのような治療を受けられるのか知っていきましょう。

皮膚科がおすすめの理由

美白成分の入ったクリームやソープを使ってデリケートゾーンの黒ずみをケアしている女性もいると思いますが、効果が出るまでに時間がかかりませんか?
効果がないというわけではありませんが、根気よく続けなければいけません。

しかし皮膚科での治療の場合、セルフケアよりも即効性を期待できます。
保険は適用されないため、セルフケアと比較すると費用は高額になってしまいますが、効果が高いのは皮膚科での治療です。

皮膚科での治療をおすすめするのは、確実にデリケートゾーンの黒ずみを解消できるからです。

4つの治療

その1、外用薬
メラニンの生成を抑制したり、色素を薄くしたりする効果があります。
皮膚科では、ハイドロキノン配合のクリームやトレチノイン配合のクリームを処方されることが多いです。
また、レーザー治療やケミカルピーリングと併用することもあります。

治療費用 1ヶ月 約1~5万円

その2、内服薬
内側からデリケートゾーンの黒ずみを解消する方法です。
薬の中に黒ずみに効果的な、ビタミンCやトラネキサム酸、ビタミンEなどの成分が配合されています。
医薬品のため市販のサプリメント以上の効果を実感できます。

料金も比較的リーズナブルなので、気軽に受けやすいです。

治療費用 1ヶ月約2000円

その3、ケミカルピーリング
酸の力を利用して蓄積した古い角質の除去や、肌のターンオーバーを促進して黒ずみを解消します。
外用薬や内服薬よりも本格的な治療になってくるため、医師とじっくり相談をした上で受けるようにしましょう。

治療費用 1回約2~4万円

その4、手術
小陰唇縮小手術や大陰唇縮小手術といったメスを使った治療方法です。
黒ずんだ部分を切除して、黒ずみを解消していきます。

小陰唇や大陰唇が肥大し、デリケートゾーンと摩擦し黒ずんだ場合に勧められる治療方法です。
下着などが原因で起こる黒ずみの治療に勧められることはありません。

治療費用 約25~40万円

皮膚科で受けられるデリケートゾーンの黒ずみ治療は色々あります。
どの治療方法が自分に1番合っているかは、カウンセリングを行った上で決めましょう。
決してリーズナブルな治療方法とは言えないので、失敗しないためにも丁寧なカウンセリングが必要です。

自分が納得する病院・医師選びを行い、後悔しないようにしてくださいね。

デリケートゾーンの治療を受ける前の注意点
水色の下着を着た女性

先程も軽く触れましたが、皮膚科での治療は保険適用外です。
そこが皮膚科のデメリットと言っても良いでしょう。

デリケートゾーンの黒ずみ治療は100%保険適用外なので、お財布と相談する必要があります。

皮膚科での治療は高い効果を発揮できますが、たった1回で黒ずみが解消するとは限りません。
何度か通院する場合もあるため、想定以上の費用が掛かる恐れもあるのです。
生活にも影響してくるので、事前に費用を計算して計画的に治療を受けるようにしましょう。

実際に治療を受ける前に一度皮膚科へ足を運び、費用を明確にすることがポイントです。
そして費用、医師の対応、治療内容すべてに納得した上で黒ずみの治療に臨んでくださいね。

まとめ

どうして皮膚科でデリケートゾーンの黒ずみ治療を受けた方が良いのか分かってもらえたと思います。
セルフケアよりも高い効果を望めるので、なにをしても黒ずみが解消しなかった人におすすめです。

デリケートゾーンの黒ずみはハイドロキノンにお任せ!トラネキサム酸もおすすめの美白成分

水着の女性
シミや美白、黒ずみにはハイドロキノン配合のクリームが良いとよく聞きますよね。

でも実際、ハイドロキノンってどんな効果があるのかイマイチ分からない人も多いと思います。
それに肌に使っても大丈夫なのか安全性が心配ですよね。

とくにデリケートゾーンは他と違って皮膚が薄く、刺激にとても弱いです。
そんなデリケートゾーンにハイドロキノンを使っては肌荒れしそうで怖いと思います。

そこで今回、ハイドロキノンクリームはデリケートゾーンの黒ずみ解消に使っても安全なのか調べてみました。
デリケートゾーンの黒ずみが気になる人はチェックしていきましょう^^

ハイドロキノンとは?

そもそもハイドロキノンがどのような成分なのか知らない人もいると思うので、ハイドロキノンの基礎情報からお教えします。

どんな成分なの?

美白成分と言えばプラセンタやビタミンC誘導体を思い浮かべる人も多いでしょう。
ハイドロキノンはこれら美白成分よりも、100倍もの美白効果を発揮すると言われています。

そのため「肌の漂白剤」と呼ばれることも。

この高い美白効果を活かして、シミやそばかす、色素沈着などを解消していくのです。
最近はハイドロキノン配合の化粧品をよく見かけるのも、高い効果を期待できるからです。

ハイドロキノンが配合されている代表的な商品は、ビーグレンのホワイトケアセットです。
シミやくすみなどに悩んでいる人にとても人気で、使うほどに肌に透明感が出ると話題になっています。

ハイドロキノンが持つ2つの働き

ハイドロキノンは高い美白効果を持っているとお伝えしましたが、もう少し分かりやすく具体的に説明していきます。

①メラニン色素の生成を抑制
②メラニン色素の還元作用

シミや黒ずみなどはメラニン色素が生成、蓄積されていくことでできます。
最初は薄くて気づかなかったシミもメラニン色素が徐々に蓄積されていくことで濃くなっていくのです。
ですからメラニン色素の生成を防ぐことができれば、これ以上シミや黒ずみは増えないということです。

そしてメラニン色素の還元作用は、メラニン色素を薄くするという意味です。
つまり、今できているシミや黒ずみが薄く、目立たなくなってくるということ。
個人差はありますが、使い続けることで効果を発揮するでしょう。

ハイドロキノンがシミや黒ずみに効果があると言われているのには、この理由が大きく関係しているからです。

デリケートゾーンの黒ずみ解消に使っても大丈夫?

白色のボトル

ハイドロキノンが5%以上と高配合されているクリームは刺激が強いため、デリケートゾーンの黒ずみ解消にはおすすめできません。
刺激がある分炎症反応も大きく、逆に炎症性色素沈着を引き起こす恐れがあります。

黒ずみを治そうとクリームでケアを頑張っていたつもりが、余計に黒ずみの原因を招いていたということになります。

もしデリケートゾーンにハイドロキノン配合のクリームを使うのなら、濃度が低いものを使用するようにしましょう。
使ってみてもし肌に合わない場合は使用を中止するようにしてください。

クリームを塗るだけじゃ駄目

ハイドロキノン配合のクリームを塗るだけで、デリケートゾーンの黒ずみが解消するわけではありません。
その他にも注意点と対策があります。

◎締め付けの強い下着は履かない
◎手で擦らない

この2点です。
下着が擦れることで炎症を起こし黒ずみを招くので、サイズがきつい下着は履かないようにしましょう。

そしてデリケートゾーンを洗うときはナイロンタオルではなく、手で優しく洗ってください。
石鹸をたっぷり泡立てて、摩擦を起こさないように洗うのがポイントです。
黒ずみ解消に効果的なソープを使うとさらに効果的です。

トラネキサム酸もおすすめ

ハイドロキノン以外におすすめの美白成分がトラネキサム酸です。
ビタミンC誘導体同様、厚生労働省認可の成分です。
効果はビタミンC誘導体より望めます。

トラネキサム酸はデリケートゾーンの黒ずみ専用クリームにも入っているので、比較的使いやすいです。
今注目されているホスピピュアVIOにも配合されています。

まとめ

ハイドロキノンの効果や、デリケートゾーンに使うときの注意点などを分かってもらえたと思います。
高い効果を持っている分注意しなければならない点もあるので、そこを把握した上でデリケートゾーンをケアしていきましょう。