ビセラの副作用について調査!安心・安全に服用するためにもチェックしよう

善玉菌は年齢と共に減少しますが、それを補うのがビセラです。
テレビで話題の短鎖脂肪酸をダイレクトに配合し、ダイエットサポートを行なう菌を1兆個も含んでいます。

さらに、善玉菌と悪玉菌へ直接アプローチしてくれるので、ダイエット効果だけでなく、便秘改善にうってつけなのです。
そのような魅力的な働きをもつビセラですが、「副作用が心配」という声もありました。

安心・安全に飲むために、ビセラの副作用について調査したので、
ビセラの購入を考えている方は、必見です。

ビセラ 声

1 ビセラに含まれている主な成分

  • 体が以前よりどんよりと重い
  • 高級サプリやエステにお金をかけても効果がない
  • 昔よりもダイエット効果を実感しにくくなった

これらの悩みは、腸内フローラが乱れているからです。
腸内環境を整えるためには、まずビセラに配合されている次の成分を摂取する必要があります。

・乳酸菌を作る時に欠かせない短鎖脂肪酸

・熱に強いラクリス菌

・一度に多くの菌を摂取できるEC-12菌

・粒子が小さいのが特徴のナノ乳酸菌

・善玉菌を増やすオリゴ糖

・悪玉菌を減らす水溶性植物繊維

上記の乳酸菌は短鎖脂肪酸との相性が抜群で、効率よく腸内フローラをサポートしてくれます。
熱に強いラクリス菌にいたっては、生きたまま腸に届くので、便秘改善に大きく貢献してくれるでしょう。
そして便秘改善を狙うなら、乳酸菌作りに必要な短連鎖脂肪酸を腸内に送り届ける必要があります。
これらはビセラを飲むだけで実現できるため、とても効率がいいですよね。

とはいえ過去、ダイエットサプリで副作用を経験した人なら安全性が気になるところ。
実際はどうなのでしょうか?

《短鎖脂肪酸》
⇒調べてみたところ、副作用に関する情報は確認できませんでした。
短鎖脂肪酸自体、糖尿病の予防や食欲の抑制効果など、健康へ直接働きかけてくれるようです。

《ラクリス菌》
⇒こちらも調べてみましたが、副作用に関する有力な情報は得られませんでした。ただ、スギ花粉を持つ人たちにラクリス菌を摂取させたところ、アレルギー症状の改善が見られたそうです。すごい!

《EC-12菌・ナノ乳酸菌・その他乳酸菌》
こちらも過剰摂取などで副作用が起こることはほぼないようです。しかし、その日の体調や体質によって下痢や腹痛などといった症状が出る場合もあります。

《オリゴ糖》
⇒オリゴ糖という成分自体がもともと母乳に含まれているため、副作用の心配はほとんどないようですが、過剰摂取した場合、おなかが緩くなる可能性があります。

《水溶性植物繊維》
過剰摂取すると便秘に繋がるため、注意が必要です。他にも、下痢やむくみの原因になることもあるそうです。

 

アレルギーの方は注意しよう

ビセラには、乳成分を含む乳酸菌末や大豆が含まれているので、乳アレルギーや食物アレルギーをお持ちの場合は、注意しましょう。

 

初めて使用する方は量を調節しながら飲もう

ビセラは、1度にたくさん飲むよりも、毎日忘れずに飲むことが大切です。また、お腹が緩くなった場合は飲む回数や量を減らしましょう。

 

2 ビセラ正しい飲み方

  • ビセラは1日1粒を目安に、水、またはぬるま湯で服用してください。
  • 用法・用量を正しく守って、服用しましょう。
  • コーヒーや紅茶などといったカフェイン入りの飲み物やジュースはビセラの効果を落とす可能性があるので、控えましょう。

異常を感じたら使用を中止

万が一、お腹が緩くなったり、便秘になったりした場合はすぐに服用をやめてください。
お腹の調子がよくなるまで様子をみましょう。

3 ビセラのまとめ

腸内フローラを整えることで知られるビセラの副作用についてまとめました。
私が調べた限り、セラの副作用についての情報はなかったので安心して飲めそうですね。

だからといって効果を引き出すために過剰摂取するのはNGです。

ビセラのようなダイエットサプリは、効果が出るまで時間がかかることもあります。

用法・用量を正しく守ることが重要なので、安心・安全に飲むためにも、決まりは守りましょう。

なお、ビセラの体験談を別記事に載せていますので、参考にしてみてくださいね。