今回は睡眠と肌荒れの関係性について説明します。
質の良い睡眠をとることで肌荒れは治るのでしょうか?

肌荒れに悩んでいる人は参考にしてくださいね!

1 寝不足で肌荒れが起こる理由

寝不足により肌荒れが起こるのには3つの理由があります。

①成長ホルモンの減少×ターンオーバーの乱れ

成長ホルモンは美肌を作るため、私たち女性にとって欠かすことのできないホルモンです。
この成長ホルモンが分泌されることで皮膚組織の修復や再生が促されたり、新陳代謝が促進されたりするのです。

しかし、寝不足だったり眠りが浅かったりと睡眠の質が低下すると、成長ホルモンがうまく分泌されなくなってしまいます。
分泌量が減少することによって皮膚細胞の修復や再生、肌のターンオーバーが行われなくなり肌荒れを招いてしまいます。

②睡眠&美肌をもたらすホルモンの減少

私たちが眠っている間は成長ホルモン以外にも、あらゆるホルモンが分泌しています。
その中には睡眠を安定させる働きを持つ、メラトニンというホルモンがあり、このメラトニンが分泌されないと肌が酸化します。

また、リラックス効果のあるセロトニンというホルモンも分泌されなくなると不眠が招かれます。
自律神経の乱れやターンオーバーの乱れの原因にもなります。

③寝不足によるストレスでホルモンが乱れる

睡眠不足が原因でストレスを抱えると交感神経が優位になり、男性ホルモンの分泌量が増えます。
この男性ホルモンには皮脂を過剰に分泌させたり、角質を硬くして角栓を詰まりやすくしたりといった働きがあります。

皮脂が過剰に分泌されることで肌のバリア機能が低下して、肌荒れや大人ニキビの原因となってしまいます。

2 肌のダメージはゴールデンタイムに修復される

”肌のゴールデンタイム”って聞いたことありますか?
この肌のゴールデンタイムを意識して睡眠をとることで、美肌へと近づきますよ!

肌のゴールデンタイムとは

それは、「肌の再生を促進する成長ホルモンが分泌される時間」のことです。
成長ホルモンが分泌されると古い肌から新しい肌に生まれ変わります。肌のハリ・弾力もキープされます。
そのため”天然の美容液”とも言われているんですよ。

どんなに上質なスキンケア用品を使ったとしても、成長ホルモンがなければ根本的な肌質改善はできません。
本当の美しい肌を作るためには、成長ホルモンが必要不可欠なのです。

22時~2時の間に眠るのがベスト?

この時間帯が成長ホルモンの分泌が高まる、肌のゴールデンタイムとされています。
しっかりとこの時間帯に眠ることで成長ホルモンが分泌されて、肌のターンオーバーがスムーズに行われます。

と、今まではこのように言われてきました。
ところが、最近では時間帯関係なく”入眠してから3~4時間”に成長ホルモンの分泌が促されやすいという節もあります。

昔は22時、23時頃に眠る人が多かったので、22~2時の間が肌のゴールデンタイムと言われてきました。
しかし、最近はライフスタイルが変わってそんなに早く眠る人が少なくなってきました。
そのため肌のゴールデンタイムも変わってきたのです。
実際に入眠して3~4時間の間に、成長ホルモンが分泌されるということが分かっています。

ということは22時までに寝るというよりも、入眠して3~4時間は熟睡するという睡眠の質の方が重視されているのです。

でも、1番ベストなのは22時~23時の間には寝て、入眠後3~4時間は熟睡するということです。

3 肌荒れは睡眠で治る!

睡眠の質を良くすることで、肌荒れは治ります。
質の良い睡眠をとるためには、ちょっとした工夫が必要です!

・睡眠の2~3時間前に入浴して体を温める
・テレビ、スマホ、PCを見ない
・通気性が良く肌触りが良い生地のパジャマを着る
・部屋の電気を消す
・ホットミルクを飲む
・アロマを炊く

寝る前にぜひ試してみてくださいね。

おすすめのアロマオイル

女子のおまもり エッセンシャルオイル

アロマオイル引用:https://ashitarunrun.com/products/detail.php?product_id=999&convid=1

楽天ランキング1位を獲得したアロマオイルです。

◎柔 Yawaraka ハーブ系
ラベンダー、カモミール、スイートオレンジ、ティートリー、パチュリ、マジョラムスイート

◎安 Yasuragi 柑橘系
スイートオレンジ、ラベンダー、ベルガモット、サイプレス、フランキンセンス、マンダリン

◎艶 Tsuyayaka フローラル
グレープフルーツ、ひのき、クラリセージ、ゼラニウム、サイプレス、マンダリン

このように3種類あり、タイプに分けて選ぶことができます。

アロマとチェックリスト引用:https://ashitarunrun.com/products/detail.php?product_id=999&convid=1

お湯が入ったお風呂に3~5滴アロマオイルを入れて、ゆっくりバスタイムを楽しむことができます。
他にもアロマランプを使って芳香浴として楽しんだり、バッグの中に1滴垂らしたりして使うこともできますよ。

香りでリラックスムードに入り、眠りやすくなります。
なかなか寝付けないという人は寝る前に、こちらのアロマオイルを炊いてみてください^^

各 ¥1,800
3本セット ¥5,000
アロマオイル1本&ハーブティー1点 ¥3,300

4 まとめ

以上が睡眠と肌荒れの関係でした。
スキンケアを見直すことも大切ですが、まずは睡眠をしっかりとることで肌質を根本的に改善できますよ^^

肌のためにきちんと寝て、肌の変化を実感しましょう。