シミを消す方法決定版!シミの種類別におすすめのクリーム・サプリ・化粧品をご紹介│気になるレーザー治療についても

シミイメージ

肌や顔をカメラアプリで修正するイメージ

▲待って待って、ネットにアップする前にシミ消すから・・・!

 

鏡をのぞき込むと、いつの間にかシミができている。

濃いシミ、薄いシミ、顔いっぱいに広がったシミ・・・。

鏡を見るだけでテンションが下がりますよね・・・。

アプリ加工では盛れても、現実でシミを消すのは中々大変です。

それらのシミを顔から消すことはできるのでしょうか?

「シミを消すにはどのくらいの時間がかかるの?」

「シミの隠し方は・・・?」

そんなシミの悩みに対する答えや対策方法を、徹底調査してみました!

 

1 顔にできたシミって消えるの!?

シミのある肌

▲油断していたら、出来てしまったシミ・・・。

顔などにシミができると毎日憂鬱で、消えるのかどうか心配にもなりますね。

しかし、ご安心ください。

シミは消えますし、消す方法もあります。

まずは、シミが消える期間について解説します。

シミはどのくらいの期間で消える?

シミは肌表面に出ているものなので、肌のターンオーバーにより薄くなり、次第に消えていきます。

※肌はバウムクーヘンのように幾層にも重なっています。今ある肌の細胞が垢として剥がれていき、新しい肌に入れ替わっていくことをターンオーバーと言います。

実際にターンオーバーで今の肌が新しい肌に入れ替わるまでの期間が、20代では約28日、40代では40日程度といわれています。

しかし、このターンオーバーは年齢だけでなく、肌質によっても個人差があります。

新陳代謝が活発で正常なターンオーバーを維持できていれば28日程度、肌の新陳代謝が悪くなっている場合は、長くかかります。

シミを早く消したいのなら、肌のターンオーバーを正常化することが重要です。

 

2 女性がシミを気にするのにはこんな理由があった!

■シミがあると見た目に老いを感じる

メイクをしながら年齢を感じる女性▲シミは老いのサイン!?

女性においても男性においても、顔に浮かぶシミは年齢を感じさせるポイントになっています。女性に年齢を感じている部分について調査したアンケートでは、体型の変化に次いでシミがランクインしているのです。実年齢よりも老けて見えてしまうので、若々しくいたい女性にとってシミは早めに消したいポイントなんですね。

■シミ対策をしていなかった人はなんと8割も!

顔を隠す女性

▲若い時は、シミなんて気にしない!大丈夫・・・なんて思ってた。

実は8割もの人がシミ対策していなかったことが、40代女性をターゲットにしたアンケートで判明しています・・・。

 

スキンケアアンケート

引用元:【NECビッグローブプレスルーム】http://www.biglobe.co.jp/pressroom/info/2013/08/130821-1

 

冬なども紫外線はあるので、夏だけでなく通年で対策をしておくのが大事なんですよね。綺麗な肌を維持するには早くからの対策が結果に繋がります。20代ごろから紫外線対策やスキンケアを徹底していれば・・・と後悔している人も多いようですね。

3 シミの種類&原因~どうしてシミができちゃうの!~

■シミって何種類あるの?原因は?

顔を覆う女性

さてシミと一口にいっても、小さなシミや薄いシミ、盛り上がったシミなど結構な種類がありますよね。シミと言えど、全部同じものではなく、原因や症状が異なるケースがあります。

どんな種類があるのか、詳しく見ていきましょう。

 

・老人性色素斑

老人性色素班

引用元:【はなふさ皮膚科[老人性色素班]】http://mitakabiyou.com/senile-pigment-freckle/

 

30代以降に出始めるシミで、黒く境目のはっきりしたシミが作られます。別名は日光黒子と呼ばれ、紫外線にさらされていたことによって、皮膚細胞が老化しメラニン細胞の活性化が起きている状態になります。

※濃くなってしまったシミはレーザー治療で消すことになります。

対策:ハイドロキノン含有クリームやスキンケア

 

・炎症性色素沈着

炎症性色素沈着

引用元:【シミって?炎症性色素沈着とは】http://kusumikea.com/shikisochinchaku.html

炎症性色素沈着は、ニキビ肌やアトピーなど炎症を起こした後に赤、赤紫色や茶色などのシミができる症状です。肌にダメージがあると、メラニン生成が活発化します。それに紫外線・日焼けが加わることによって肌にシミができてしまいます。

※治療にはレーザーは使わず、ピーリングなどで対応します。

対処:UVケア・保湿スキンケア・ニキビの場合はニキビ治療も行う

 

・肝斑

肝斑

引用元:【品川美容外科】https://www.shinagawa.com/skin/toning/

 

顔に左右対称でできるシミで、もやっとした薄茶のシミが頬骨周辺に広がります。ホルモンバランスの乱れや、加齢によるホルモンバランス変化で起こりやすくなります。活性酸素(紫外線・ストレス)により濃くなる恐れがあります。

※治療はトラネキサム酸など配合した外用薬やスキンケアです。

対策:睡眠・食事やサプリ・UVケア・ストレス発散

 

・そばかす

そばかす

引用元:【スキンケア大学】http://www.skincare-univ.com/article/045345/

遺伝から発生するシミで、幼少期から出ている人もいます。白人種や色白の人に多く、秋冬には多少薄くなることがあるシミです。体質ではありますが、濃くしないようにケアすることで多少薄い状態を維持できます。

※広範囲にわたるのでフォトフェイシャル治療が向いています。

対策:UVケア・メラニン生成阻害や排出効果のある美白ケア

 

・脂漏性角化症

脂漏性角化症の画像

引用元:【こころ皮ふ科クリニック】http://cocoro-hihuka.com/sebo-kera.html

 

脂漏性角化症は、盛り上がってざらざらとした質感や凹凸があります。肌と同じ色の盛り上がりや、黒いかさぶたのように見えるものがあります。紫外線・加齢が主な要因で表皮の遺伝子異常が起こっています。

※治療が必要で医療レーザーや電気焼却施術を利用して消します。

対策:UVケア・スキンケア

 

・花弁状色素斑

引用元:【cosmeticMeducuneinJapanしみ組織図鑑】http://www.cosmetic-medicine.jp/zukan/ppa/index.htm

背中や肩などに、小さくまばらなサイズのシミが出る症状。盛り上がりはなく、フラットなシミが広範囲に渡ってできます。日焼けにより放出されたメラニンが、数か月後にシミとして表皮に出てきたものです。

※ターンオーバーで消えますが、治療の場合はレーザー治療をします。

対策:UVケア・スキンケア・ハイドロキノン含有スキンケア

■シミになりやすい人&なりにくい人のちがい

鏡をのぞき込む女性
▲シミができやすい人は色白。目立つ人も色白。

 

「同じ年齢でもあの人にはシミがないのはなぜ?」

つい比べてしまいますよね。

実は、シミができやすい体質や問題になる習慣があるんです。

どうしてなのか詳しく見てみましょう。

 

色白の人

色が白いから、シミが目立つというだけではありません。

色黒の人に比べると、色白の人のメラニン色素は少ないです。

そのため、一度刺激を受けたときに、新たに造られるメラニン色素が多くなります。

これにより、代謝されずにシミ化しやすいのです。

 

睡眠不足の人

睡眠は成長ホルモン分泌やホルモンバランスの調整にも影響します。

睡眠不足により肌のターンオーバー、ホルモンバランスの崩れが起きるとシミが残りやすくなります。

 

女性

男性に比べて、女性はメイクやスキンケアなど顔に触れる・摩擦することが多いです。

さらに、女性ホルモンのプロゲステロンによってメラノサイトを刺激されてシミができやすい傾向があります。

 

4 どうやってシミは消せばいいの?

■5種類の方法でシミ対策

・美白化粧品

化粧品ボトル

▲美白成分を配合した化粧品やコスメで美白。

美白成分といっても、効能に違いがあります。

  • 漂白成分としては【ハイドロキノン】
  • メラニン生成阻害でシミ予防【アルブチン】【トラネキサム酸】
  • メラニン排出効果のある【エナジーシグナルAMP】
  • メラニン色素還元と生成阻害効果を持つ【ビタミンC誘導体】

などがあります。目的に合わせて配合成分をチェックしてみましょう。

 

・紫外線対策

スキンケアコスメ
▲紫外線対策・UVカット・UVケアアイテムを準備しておこう。

 

シミの原因・シミを深刻化させる要因になるのが紫外線。

UVカット・UVケアが、シミの予防や悪化を防ぐのに効果的です。

日焼け止め・UVカットメイク下地やコスメを取り入れて見ましょう。

 

・食事

食事イメージ
▲早くシミを消したいなら、食事でも対策を取り入れてみましょう。

 

食事の面からもシミを予防・還元する効果を得ることができます。

  • メラニン色素の還元にはビタミンC
  • 新陳代謝アップでターンオーバー正常化にはビタミンA
  • 活性酸素を減らす・抗酸化にはβカロチン

女性ホルモンによる肝斑などの場合は、ビタミンE・イソフラボンなどエストロゲンの役割をする成分を取るのもオススメです。

 

・サプリメント

サプリメントイメージ
▲サプリメントでシミケア

食事の方でも触れましたが、体内からのシミケアに有効な成分はほかにもあります。特に通常の食事では量が取れなかったり、そもそも食材として出回ってないものなど、サプリで摂取することがオススメの成分もあります。

  • マカ:ホルモンのバランス調整と新陳代謝向上
  • アスタキサンチン;メラニン抑制・抗酸化作用
  • オメガ3系脂肪酸:ターンオーバー促進と抗炎症効果

 

・レーザー治療

手術室イメージ▲脂漏性角化症や濃くなったシミを薄くするのには医療の力が必要。

シミの種類によっては、レーザー治療など、医療ケアを行う方が早く効果が出ることがあります。

表面を焼く・メラニン色素を部分的に破壊するなどの処理になるため、照射後にシミがかさぶた化して剥がれるまでのダウンタイム期間があります。

その間も軟膏などでケアを行う必要があります。

 

・メイクで隠す

メイクイメージ

▲シミが治るまではメイクで上手く隠しちゃいましょう。

 

シミの範囲や濃さに合わせて、コントロールカラー(オレンジ・イエロー・グリーン)やリキッドファンデーション・BBクリーム・コンシーラーなどを取り入れて隠すのがオススメです。

ファンデーション後にコンシーラーを馴染ませて、隠してみましょう。仕上げにルースパウダーやフェイスパウダーなどで仕上げると、光を反射して肌をきれいに見せる効果が期待できます。

 

5 外側からアプローチ!おすすめの美白化粧品

肌表面からケアを行うことで、ターンオーバー促進や新しいシミを予防する効果がある美白化粧品。

数多くの商品がありますが、その中から注目されている人気アイテムを3つご紹介します。

 

■シズカニューヨーク

シズカニューヨーク画像

商品名:シズカニューヨーク(美白化粧水)

特徴:プラセンタ・コラーゲン・ヒアルロン酸・エラスチン配合

ヒメフウロエキスで光老化に関するトリプターゼの働きを阻害して、肌の光老化を防ぐ効果が期待できます。

価格:9,850円(通常税抜き価格)⇒キャンペーン価格:3,880円(税抜)

効果:保湿・アンチエイジング

■ビタブリッドCフェイス

ビタブリッドC画像

商品名:ビタブリッドCフェイス(パウダー美容液)

特徴:パウダータイプで水や化粧水・乳液に混ぜて利用します。

厚生労働省にてシミ対策の有効成分として承認されたナイアシンアミドを配合し、メラニンが表皮にシミを作るのを阻害します。

価格:6,200円(通常税抜き価格)⇒定期コース特別価格:4,960円(税抜)

効果:アンチエイジング・美白

■アスタリフトホワイトシリーズ

アスタリフトホワイト画像

商品名:アスタリフトホワイト(美白化粧水)

特徴:潤い成分コラーゲン・ヒアルロン酸・ナノAMA(独自成分)配合。

シミ対策の有効成分としてアルブチン、ビタミンC誘導体を配合し、メラニン生成を阻害、メラニン還元と予防対策ができます。

価格:4,104円(通常税込価格)⇒定期コース特別価格:3,693円(税込)

効果:アンチエイジング・美白・保湿

6 正しい美白化粧品の使い方レクチャー♪方法ひとつで効果が変わる

スキンケアする女性

美白化粧品は正しく利用しないと効果が半減してしまいます。

正しい使い方をしてシミの無い肌を手に入れましょう。

 

■5つのポイントを押さえよう

まずは美白化粧品を使う基礎のポイントを、しっかり知っておきましょう。スキンケア初心者でも、この5つのポイントを意識することで、適切なシミケアができます。

・一年中使う

紫外線は年中降り注いでいます。夏だけのケアではなく毎日のケアが予防にも繋がるのです。そのため、断続できるコスパ・量や成分を考えて購入しましょう。

・丁寧にスキンケアする

メイク残りは炎症性色素沈着や吹き出物などの原因にもなります。メイクは丁寧に落として、しっかり適切な量の美白化粧水での保湿ケアをしましょう。

 

・ピーリングをする

肌のターンオーバーが遅い、悪くなっている状態であればピーリングでそのサポートを行いましょう。肌の状態を見ながらクレイ・スクラブやピーリング効果のあるスキンケアを行います。美容成分の浸透効果がアップしますが、肌の負担になるので週1程度にしましょう。

・乳液の前に使う

乳液の油分で浸透率が下がるので、美容液や美白化粧水は乳液やクリームの前に使いましょう。美容効果の高いものを化粧水の後に入れて、最後にクリームや乳液の油分で肌にふたをします。

・ハイドロキノン入りは使用後3週間期間を置く

ハイドロキノンは強い漂白成分なので、肌質によっては炎症を起こしたり白斑という白抜けの症状が起きることがあります。出来ているシミにはハイドロキノンを時間を置きながら使い、予防はアルブチンなどの成分を軸にしたものを使うなど使い分けがオススメです。

 

7 内側からクリアな肌を!おすすめサプリメント

サプリメント

体の外からのケアでは、中々深い部分には届きません。

そこで、食事など中からのケアが必要なのです。

しかし、有効成分を毎日摂取するのは大変です。そうした場合には、美白サプリで補助するようにしてみましょう。

人気の美白サプリをご紹介します。

 

■キミエホワイト

キミエホワイト画像

商品名:キミエホワイト

特徴:メラニンの生成を防ぐL-システインとアスコルビン酸配合。

シミ対策の有効成分としてメラニン生成を防ぐ効果成分(L-システイン・アスコルビン酸)に、肌の生まれ変わりを促進するパントテン酸カルシウムを配合。ターンオーバー効率をアップしてシミを薄くしていきます。

価格:4,200円(通常税抜価格)⇒初回特別価格:1,900円(税抜)

効果:シミ予防・美白

 

■ホワイトショットインナーロックIX

ホワイトショット インナーロック

商品名:ホワイトショット インナーロックIX

特徴:メラニンの生成を防ぐインドキノキ成分配合。

メラニン生成阻害成分(チロシナーゼ)を持ったインドキノキと、メラノサイトの移動・排出効果のあるベイベリーバーク・ローズマリーの複合成分含有での美白ケア効果があります。

価格:6,696円(通常税込価格)

効果:シミ予防・美白

 

■マスターホワイト

マスターホワイト画像

商品名:マスターホワイト

特徴:美髪や爪の健康、美白効果のあるL-シスチン配合。

メラニン生成阻害効果を持つL-シスチン、アンチエイジング効果のあるアスタキサンチンに加え、シミのターンオーバーをサポートするビタミンCやβ-カロテンを配合したサプリです。

価格:10,800円(通常税込価格)⇒定期初回特価980円(税込)

効果:シミ予防・美白・美髪・美爪

8 お金はかかるけど確実にシミを消せる!おすすめレーザー治療

美容治療施術イメージ

 

■YAGレーザー

老人性色素斑(シミ)、そばかす、太田母斑、タトゥー除去に用いられるレーザーで表皮・真皮のシミを破壊できる。

価格:1cm四方で30,000円前後

※クリニックによって異なります。

 

■Qスイッチルビーレーザー

広範囲のシミ・そばかす・あざ・脂漏性角化症・花弁状色素班治療に用いられるレーザーで、深い部分への照射が可能なため濃いシミを消すのに効果的です。

価格:5mm以内で5,000円

※クリニックによって異なります。

 

■フォトフェイシャル

顔にできる広範囲のそばかす・くすみ・炎症性色素沈着に効果的で、周波数の異なる光を当てて治療する方法です。ダウンタイムがほとんどないものの、回数を重ねないと効果が実感しずらい特徴があります。

価格:1回16,000円ほど(顔全体)

 

他にも多くのレーザー治療方法があります。

かんぱんに効果のあるレーザートーニングや、脂漏性角化症の治療によく用いられる炭酸ガスレーザーなど、シミのタイプに合わせて使用するレーザーや治療が異なります。

9 メイクでカバー!ひと手間でメイクが映える術

メイク道具

ターンオーバーでシミが消えるまでの間、気になるシミはメイクで隠すようにしてみましょう。シミ隠しのメイクのコツをご紹介します。

■シミを隠すメイクポイントを押さえよう!

・広範囲×薄いシミの隠し方

シミが薄ければ、カバー力の高いリキッド系のファンデーションがオススメ。まず全体に伸ばして、シミがない部分や気にならない部分はスポンジで薄く広げましょう。シミの部分は指で伸ばしてから、上からスポンジでぽんぽんと叩きながらなじませます。境目が馴染んだら、フェイスパウダーで全体にベールをかけて仕上げましょう。

・広範囲×濃いシミの隠し方

シミが濃いと、下地やファンデーションだけではカバーしきれないこともありますね。その場合は、まずリキッドファンデーションをのせた後にコンシーラーをシミの部分に広げます。境目を指やスポンジで馴染ませて仕上げます。

 

・小さい×薄いシミの隠し方

リキッドファンデーションの後に柔らかいコンシーラーを筆にとってぼかしていきます。パウダーファンデーションを使う場合は、下地の後にコンシーラーでシミを部分をカバーしてからファンデーションを使います。うっすらした、そばかすなら下地にイエロー・オレンジのコントロールカラーを入れてみましょう。

 

・小さい×濃いシミの隠し方

リキッドファンデーション後、コンシーラーを直接肌につけ、指で周りをぼかします。小さいシミはスティックファンデーションが使いやすくカバーしやすいのでオススメですよ。

 

10 まとめ

美肌の女性

シミを消す方法についてリサーチしてみましたが、いかがでしょうか。

  • シミを消すには医療的措置・スキンケアを考えよう。
  • シミごとに対策は違うのでシミの種類で治療を選びます。
  • シミケアと予防の基本は紫外線防止・UVカットやケアが大事。
  • 色白・寝不足・女性の方はシミができやすいので要注意。
  • ターンオーバーで消えるシミはサプリやスキンケアでケア。
  • 消えるまで時間がかかるのでその間はメイクでシミ隠し。
  • 年間通して紫外線はあるのでケア・予防は断続しよう。

シミを消す基本は紫外線対策と日ごろの予防ケアにあります。新しいシミを作らないためにも、できそうなところから取り入れて見ましょう。

しっかりケアすれば、ターンオーバーで徐々にシミが消えて、元の肌が戻ってきますよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る