注目!シミの種類と原因を知って今すぐ対策しよう~シミは放置すると悪化したり病変したりする!?~

女性を悩ませる「シミ」。
いったいなにが原因で現れるのでしょうか?そして、対策をすれば薄くなるのでしょうか?

シミについて調べたのでぜひご覧ください^^

1 シミの原因は種類によってちがう

瞳の青い女性

シミと一言でいっても、その種類は様々。
特徴や原因を見ていきましょう。

①日光黒子(日光性黒子、老人性色素斑)
ほとんどのシミがこのタイプに当てはまります。
淡褐色~濃褐色をしており、顔や手、背中や前腕、上背といった、露出しやすい部分にできやすいです。
中年以降になると数が増えてきます。

原因:紫外線

②雀卵斑
そばかすとも言われています。
直径数ミリ以下と小さく、茶褐色しています。頬や鼻の周りに現れることが多く、思春期になるとより目立つようになるとされています。

原因:遺伝

③炎症後色素沈着
やけどやニキビ、化粧品によって肌が炎症し、治まった頃に現れる褐色のシミです。時間が経過すると共に薄くなることがほとんどです。

原因:炎症

④肝斑
サイズは大きく、薄い褐色をしています。頬骨に沿って左右同じ範囲にできるので見分けやすいです。
妊娠や経口避妊薬での誘発・悪化するとされています。また、レーザー治療でも悪化するといわれてます。

原因:ホルモンバランス

このように、シミには様々な種類と原因があることが分かりましたね!
鏡を見て自分のお肌に現れたシミが、どんなタイプか確認してみましょう。

2 色で分かる!シミの色素沈着の深さ

サングラスをかけた女性

シミの色(色素沈着)によって、深さが分かります。

シミの深さ図
色調でわかるシミ(色素沈着)の深さ | ハイチオール【エスエス製薬】

皮膚の浅い部分に存在する黒色メラニンが働くことで、黒色や茶色のシミやそばかすができます。
この場合肌のターンオーバーサイクルが整うことで、黒色メラニンが排出されやすくなり、シミやそばかすの色が薄くなります。また場合によっては消えることも。

一方で灰色や青色のシミは、肌の奥に存在する黒色メラニンが原因で現れます。そのためターンオーバーで肌が生まれ変わっても、メラニンは排出されず、シミの改善は困難です。
セルフケアでは無理があるので、皮膚科に相談することをおすすめします。

3 シミを放置すると「脂漏性角化症」や「日光角化症」になることも

びっくりした女性

長年放置したシミは、脂漏性角化症といってイボ状に突起した老人性のイボに変わる場合があります。
また長年浴びた紫外線が原因で、皮膚がんの元になる日光角化症という状態に病変する可能性もあります。

シミを見つけた場合、放置せずセルフケアをしたり皮膚科で治療を受けたりと、しっかりと対処するようにしましょう!

4 今からやってほしいシミケア方法

スキンケア品

◎美白化粧品でシミ対策
アルブチンやトラネキサム酸といったシミを予防する成分を含んだものや、エナジーシグナルAMPやビタミンC誘導体などシミを薄くする成分を含んだものでスキンケアをしましょう。

◎紫外線対策でシミケア
紫外線そのものの影響を断つことも大切です。紫外線はシーズン関係なく降り注いでいるので、毎日日焼け止めクリームを塗りましょう。

日常生活に使用する場合はSPF10~30、レジャーや運動に使用する場合はSPF30~50のものと使い分けるのがおすすめ。

ちなみに日焼け止めはたっぷりと塗り、2~3時間置きに塗り直すことを心がけましょう。

◎食べ物やサプリメントでシミ対策
内側からシミケアすることも意識しましょう!

ビタミンA・C・E アスタキサンチン オメガ3系脂肪酸
鶏肉・豚肉・牛レバー
にんじん・かぼちゃ・・・
鮭・エビ・カニ
金目鯛・メバル・・・
鮭・マグロ・ほうれん草
大豆・くるみ

これらの食材に含まれる栄養を補給してください^^
でも食べ物だけでは限度があるので、サプリメントも摂取すると足りない分の栄養も補うことができます。
その際は「L-すステイン」「トラネキサム酸」「プラセンタエキス」「ビタミンC」といった成分を意識して摂取することがおすすめです。

5 もしかしたらシミじゃなくて病気の可能性もあり!

チャックと女性

シミと思っていたら実は、シミに似た病気ということも。
「表在型基底細胞癌」「悪性黒色腫」といった皮膚がん、または体内に残った薬剤が原因でできる「固定薬疹」「ボーエン病」なども考えられます。

日に当たらない胸やお腹、背中などにできたシミがただれたり、盛り上がってきたり、発熱した場合はすぐに皮膚科に相談しましょう!
また日頃からシミの様子を確認するように心がけてください。

6 シミQ&A

考えている女性

ここではシミに関する疑問を解消していきましょう!

Q1.どうして頬や鼻にシミはできやすいの?
頬や鼻など高いパーツは、他よりも紫外線に当たりやすいのでシミができやすいです。

Q2.シミが濃くなるのはどうして?
日光黒子の場合、加齢による肌の代謝機能が低下し酸化することによりメラニンの排出が妨げられ、濃くなるとされています。

Q3.肌の色が濃くてもシミは薄くできますか?
日光黒子など表皮にできたシミなら、ターンオーバーの周期を整えれば改善できる可能性が高いです。

7 まとめ

シミの種類や原因、対策方法を分かっていただけたでしょうか?
長年放置すると悪化することがあるので、なるべく早いうちから対策をすることが重要です。

美白化粧品、日焼け止めクリーム、食べ物、サプリメントなどあらゆる方法を試してシミ知らずの美しい肌になりましょう^^

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る