必見!シミやくすみが老け顔や疲れ顔の元~種類・原因・対策方法を知り正しいケアを行おう~

シミやくすみはエイジングサインのひとつですが、年齢が若くてもできることがあります。
それは今までケアを怠ってきからかもしれません。

でもこれから毎日隊対策をしていけば、シミやくすみのない美しい肌にすることができますよ♪

1 シミやくすみは老け顔の元! 

そばかすのある人

アンケートよると、結果にシミやくすみに悩んでいる女性は数多くいます。

20代~30代の悩み:上位3位
 1位 しみ・くすみ

 2位 毛穴が目立つ

 3位 乾燥

40代以上の悩み:上位3位
 1位 しみ・くすみ

 2位 たるみ

 3位 しわ・小じわ
女性の肌の悩み第1位:しみ・くすみ – 美肌・美顔をサポートするマイクロバブル

20~40代女性の1位は”シミやくすみ”という結果になりました。

早い人だと20代前半からポツポツとシミが現れますよね。
肌もどんどんくすんでしまって、老けたような印象を与えてしまいます。

そんなシミやくすみの原因を把握して、対策をすればシミやくすみは軽減されます。
これからシミについて知っていきましょう。

2 【種類別】シミの原因

女性の瞳

シミにはいくつか種類があり、それぞれによって原因が異なります。

◎日光黒子➔紫外線
◎雀卵斑➔遺伝
◎炎症後色素沈着➔肌の炎症(やけど、ニキビ、かぶれなど)
◎肝斑➔ホルモンバランス

シミ=紫外線の認識と認識している人が多いと思いますが、ホルモンバランスが関係することもあるのです。
そしてシミを放置すると”脂漏性角化症”や、皮膚がんの元になる場合がある”日光角化症”になることもあります。

また、シミと思っていたら”表在型基底細胞癌”や”悪性黒色腫”といった皮膚癌、”固定薬疹”に”ボーエン病”といった疾患の場合も。

本当に自分の顔にできているシミがシミなのか、その当たりも確認した上でケアをしましょう。
心配な場合は、皮膚科に行き医師に見てもらうのもひとつの方法です。

3 ホームケアできるシミは美白化粧品を使ってケア

化粧品

”日光黒子”と”炎症性色素沈着”はホームケアできるので、美白化粧品を使って対処しましょう。

◎ビタミンC誘導体
◎アルブチン
◎コウジ酸
◎エラグ酸
◎ルシノール
◎リノール酸
◎カモミラET
◎トラネキサム酸
◎4MSK
◎マグノリグナン
◎プラセンタエキス
◎油溶性甘草エキス

これらは有効な美白成分とされているので、美白化粧品を選ぶときにチェックしてください^^
今あるシミを薄くしてくれたり、隠れシミを予防してくれたりといった効果があります。

シミが気になってきた方は、一度お使いの化粧品を見直してくださいね。

↓下記の記事でおすすめできるシミ消しクリームや美白化粧水を紹介しているので、ぜひご覧ください

4 ホームケアが難しいシミは美容医療を選択

治療を受けている女性

雀卵斑と肝斑はホームケアでは改善が難しいので、美容医療で解消する必要があります。

◎レーザー治療

”ルビーレーザー”やQスイッチアレキサンドライトレーザー”といった、様々なレーザー治療があります。
レーザー治療は、皮膚になるべくダメージを与えずに行えるので、傷あとが残りにくいのが特徴的です。
また副作用もないので比較的受けやすい治療です。

◎塗り薬

皮膚科ではハイドロキノンやトレチノインといった、シミに効果的な成分の入った塗り薬も処方しています。
ハイドロキノンは漂白作用が強い成分で、シミをつくるメラノサイトの働きを抑えてくれます。そして、シミも消してくれるということから「肌の漂白剤」とも言われています。

ホームケアでは消えないシミを、セルフで頑張っても消すのは難しいです。
一度、美容医療も視野に入れてみると良いでしょう。

5 【種類別】くすみの原因

顔のくすんだ女性

くすみには4つの種類があり、シミ同様タイプによって原因が異なります。

◎乾燥くすみ➔肌の乾燥
◎メラニンくすみ➔紫外線・肌の摩擦
◎血行不良くすみ➔血行不良
◎黄ぐすみ➔糖化・カルボニル化

くすみは肌の透明感やツヤ感を奪って、どんより暗い印象を根付けてしまいます。
ファンデーションを塗っても発色が悪くなり、メイク仕上がりもイマイチ。

くすんだ肌は疲れたように見えるので、ケアをして明るさを取り戻しましょう。

6 タイプ別!透明感を取り戻すくすみ対策方法

外国人女性

■乾燥くすみ

まずはしっとりとうるおいを残してくれる洗顔料で、肌の汚れを落とします。
その次にスキンケアでしっかりと肌を保湿して乾燥を防ぎます。
乾燥が気になるパーツにはクリームを重ねるなどして、肌を保護してあげてください。

■メラニンくすみ

主に紫外線が原因となって起こるくすみなので、日焼け止めを塗ることを意識しましょう。
その上で角質ケアを行いメラニンが排出されやすい環境を整えることが大切です。
角質ケアをして肌のターンオーバーを整えると、肌がどんどん生まれ変わりメラニンも押し上げられ排出されます。

■血行不良くすみ

血流を良くするために、軽い運動を行いましょう。また顔や頭皮マッサージ、入浴なども効果的です。
最近は化粧を落としながらフェイシャルマッサージができるオールインワンタイプのクレンジングもあります。メイクを落としながらマッサージできるので一石二鳥ですよね^^

血流が促されると冷え性も改善され、顔色も良くなりますよ。

■黄ぐすみ

糖質や脂質の過剰摂取が原因なので、白米や麺、パン、お菓子や甘いジュースといった食品を食べすぎないようにしましょう。
また脂っこい食事もできるだけ控えるのがおすすめです。

7 まとめ

帽子をかぶった女性

シミやくすみは女性の敵!
疲れて見られたり老けた印象を与えてしまうので、いつまでも美貌を維持したい人は、最適な対策を心がけてくださいね^^

毎日ケアをすれば肌もそれに応えて美しくなるはずです!
自分に合った対策方法を見つけ、若々しい肌づくりをしてください。