ニキビ治療は皮膚科がおすすめ!潰すのは間違い!?炎症ニキビもニキビ跡もキレイに治せる方法

繰り返し何度もできるニキビ……
どう治せば良いか分からない人も多いハズ。

こちらの記事では、ニキビの基礎知識や治し方を紹介しています。
ニキビ肌にお困りのそこのあなた!一緒にニキビレスの肌を目指しましょう^^

1 ニキビは病気!知識と正しい対処法が分かれば治せる

ニキビがあなたに及ぼす悪影響

様々な皮膚病がある中で、ニキビはとても身近な皮膚病です。
しかし皮膚病と言っても自然に治ることが多いので、放置をする人が多いです。

でもニキビができると、『自分に自信を失くしたり』『ネガティブ感情を持ったり』『イライラしたり』と、生活の質が低下してしまいます。
表情も暗くなり、印象が悪くなるといったデメリットもあるので、できるだけはやくニキビ治療を受けることをおすすめします。

ニキビを治すために大切なコト

ニキビ治療を受ける前に大切なことがあります。それは”ニキビについて知る”ということです。
むやみに色々な治療法を試しても、本当に効果があるかは分かりません。

『なんでニキビができるんだろう』『ニキビはどういう風に作られるんだろう』こういうちょっとしたことを知っておけば、最適な対策方法を選べます。

ニキビ=尋常性ざ瘡

ニキビはただの、できものと思っている人も多いですが、立派な皮膚の病気です。
医学用語で『尋常性ざ瘡』と言います。
ニキビができたからといって死ぬわけではありませんが、正しくケアしてあげないと今以上に肌トラブルを悪化させてしまう恐れがあります。

ケロイド状になったり、跡になったりしたときに後悔しても遅いです!
はやいうちから対処しておけば、美しい肌を取り戻せますよ^^

2 押さえておきたい~ニキビの基礎知識~

メイクをした女性

日頃の習慣や環境がニキビの元

乾燥
オイリー肌の人は、ニキビができやすいというイメージがありますよね。
ところが肌が乾燥気味の人もニキビができやすいとされています。
とくに20歳以降の大人ニキビの場合は、皮脂よりも乾燥が原因となっていることが多いんですよ。

肌が乾燥すると、肌を守ろうと皮脂が分泌されます。
すると過剰に分泌した皮脂が毛穴に入り込んで、毛穴を詰まらせてしまいます。
しかも乾燥した肌は角質が硬く厚くなりやすいため、毛穴が狭くなっています。
そのため皮脂が詰まったままの状態になり、ニキビができやすいのです。

睡眠不足
皮膚の再生は眠っている間に行われます。
質の良い睡眠がとれていれば、活発なターンオーバーのおかげで古い皮膚から新しい皮膚へと生まれ変わってくれるのです。

ところが寝不足が続くと成長ホルモンの分泌が足りなくなり、ターンオーバーが滞ります。
古い角質が蓄積した状態が続き、ニキビができたりくすみがちな肌になったりするのです。

栄養バランスの偏り
ニキビと食生活は深く関係しています。
揚げ物などの脂っこい食事、添加物たっぷりのインスタント食品、チョコレートやスナック菓子などはニキビの元です。
なぜなら脂肪や糖分は皮脂の分泌を増やしてしまい、その皮脂が毛穴に詰まることでニキビができるからです。

また脂肪や皮脂を摂りすぎることで、ビタミンB群(美容に良い栄養素)が必要以上に消費されてしまいます。
そうすると皮脂量がうまくコントロールできなくなり、肌がオイリーな状態になってニキビができやすい肌になってしまうのです。

体の冷え
体の冷えがニキビに関係しているの?と不思議に思う人もいると思います。
でも十分関係しているんですよ!

代謝が下がり血の巡りが悪くなると体の冷えが続きます。血行不良になっているということは、体だけじゃなく肌にも十分な栄養が届かず肌が荒れやすいということです。

『体が冷えているなぁ』と感じているときは、ニキビができているorニキビが現れやすい状態ということを覚えておきましょう!

紫外線
紫外線に当たると皮脂がコメド(ニキビの一歩手前)になりやすいです。
また、活性酸素の発生やアクネ菌の分泌も促してしまいます。

花粉や空気の汚れ
春や秋などの季節は花粉の影響を受けて、肌トラブルを受けやすいです。
とくに敏感肌の人の場合、人一倍ニキビができやすいでしょう。

また、空気が汚れていると化学物質が毛穴に入り込み、皮脂と混ざり合い炎症を引き起こしてしまいます。
その炎症が原因となりニキビができることがあります。

ストレス
仕事の疲れやプライベートでの悩み事などストレスが蓄積すると、炎症を緩和させる成分が消費されます。
その影響で肌の炎症を抑える力が弱くなり、次々にニキビができてしまうのです。

また、ストレスは活性酸素を発生させる元でもあります。
活性酸素は細胞を傷つけたり免疫力を低下させたりするので、それが原因となってニキビを作ってしまう場合もあります。

間違ったスキンケア

『メイクをちゃんと落とさなきゃ!』『顔の脂をスッキリさせたい!』そう思いゴシゴシと顔を洗っていませんか?
逆にニキビができやすい環境を作っています。

力強い洗顔は必要以上に皮脂を奪うので、それを補おうと過剰に皮脂が分泌されます。
また角質も厚くなるため、分泌された皮脂が溜まりやすいです。
その他にもホコリなども溜まり炎症を起こしやすく、ニキビを作ってしまいます。

ニキビはどこにできやすい?

・顔
・胸
・背中

この3つはニキビができやすいパーツです。
顔の中でもとくに眉間や鼻筋などのTゾーンは、皮脂分泌が活発なのでニキビができやすいです。
他にも首、フェイスライン、額といったところにもできます。

逆に”手のひら”や”足の裏”にはニキビはできません。
その理由は皮脂を分泌する皮脂腺が少ないからです。

普段できなくても生理前にポツポツ現れることも!

生理前になると黄体ホルモンが分泌されます。
この黄体ホルモンは肌のバリア機能を低下させる働きがあり、その影響で肌荒れしやすくなります。ニキビができるのもそのせいです。

生理前にニキビができるのは生理現象なので仕方ないことです。
でも生理周期を把握しておくことで、その期間はヘルシーな料理を食べる、ゆっくり休むなどしてなるべくニキビができないように対策ができます^^

ニキビができる仕組み&種類

①皮脂や汚れなどが毛穴に詰まる

②溜まった皮脂の影響でコメドができる

③毛穴でアクネ菌が増える

④毛穴の周辺が炎症を起こして赤くなる

⑤炎症が悪化する

⑥毛包にある組織が壊される

⑦ニキビ跡が残る

といった流れでニキビは作られます。対処が遅れると最終的にはニキビ跡となって肌に残ってしまうのです。

ちなみにニキビには4種類あり、進行度によって種類が違います。

初期:白ニキビ
中期;赤ニキビ・黒ニキビ
末期:膿ニキビ

ニキビを見てどのくらい進行しているのか分かります!
小さなニキビでも放置すると悪化して、最悪な肌状態へとなってしまうのですぐに治すように心がけましょう。

思春期ニキビと大人ニキビの違い

男女90%以上が経験する思春期ニキビ。
13~18歳は男性ホルモンの分泌量が増加して、皮脂腺が刺激されます。その影響で皮脂の量が増加してニキビができます。

大人ニキビの場合は皮脂だけでなく、ターンオーバーの乱れや肌のバリア機能の低下も関係しています。
またメイク汚れが毛穴に詰まったり、パフやブラシに付着した菌が肌に付くことでもニキビができます。

3 根本的にニキビ治療したいなら皮膚科へ行こう

ドクター

自分で潰すのは絶対ダメ!

『ニキビは潰した方が早く治るんじゃないの?』と思っている人もいると思いますが、それは間違いです!
確かに潰した中身を出した方がはやく治りそうな気がしますよね。でも、潰すときにニキビ周辺の皮膚を傷つけてしまいます。
また指には雑菌が付着しているので、逆に肌を炎症させてしまう恐れがあるのですΣ(゚Д゚)

うまく潰せればキレイに治すことができますが、もし深く傷つけて失敗するとクレーター状の痕となって残ってしまう心配があります。

ニキビ治療は皮膚科で受けるのが1番

白ニキビや黒ニキビといった軽度のニキビでも、皮膚科で治療を受けることが可能です!
医師の的確なアドバイスをもらえ、状態に見合った治療を受けられるのでセルフケアよりも治りがはやいですよ^^

ニキビ治療のために、6人に1人は皮膚科を受診しているとされています。
でも日本はまだまだ皮膚科でニキビ治療を受ける人が少ないです。

皮膚科でニキビ治療を受ける割合を世界と比較してみると、フランス58%、ドイツ54%、アメリカ32%に対し日本は17%と極端に低いです。
全然浸透していないということが分かりますよね!

でもやっぱりニキビは皮膚病の1つなので、皮膚科でしっかりと治療を受けることをおすすめします。
自分で無理にケアするよりも、キレイに治りますよ^^

ニキビ治療は保険適用される?費用はいくら?

保険が適用される・適用されないは治療内容によって異なります。

●初診料
●処方せん料
●処置料(内容による)

は保険診療内です。費用は2,000~5,000円と皮膚科によって異なります。
そして自費診療の対象は

●ケミカルピーリング
●IPL
●光線力学療法
●ホルモン療法
●イソトレチノイン

これらです。
こちらの費用も皮膚科によって差があるので、確認しておきましょう!

4 皮膚科で受けられるおすすめのニキビ治療法&注意点

芝生で頬付している女性

ニキビ治療の種類

皮膚科で受けられるニキビ治療には、様々な種類があります。

★ホルモン療法
男性ホルモンの働きを抑える

★ピーリング
角栓・汚れ・古い角質層の除去

★局所注射
ニキビによる炎症を抑える

★レーザー治療
ニキビの表面に穴を開けて、膿や皮脂を排出する

★面ぽう圧出
白ニキビを消毒して、レーザーや針で角質や皮脂などを押し出す

★イオン導入
皮脂の過剰分泌を抑制して、毛穴詰まりを防ぐ

★光治療
青色LED➔アクネ菌を殺菌する
赤色LED➔ニキビによる炎症を抑える
黄色LED➔細胞を修復させる

★点滴治療
ビタミンやプラセンタなどを注入して、補助的にニキビ治療を行う

★ケミカルピーリング
肌のターンオーバーを促す

★抗生物質(塗り薬)
アクネ菌を殺菌してニキビを抑える

★抗生物質(飲み薬)
内側からニキビを抑える

他にも漢方を用いてニキビを治す方法もありますよ^^
色んな治療法があるので、どれを選ぼうか迷ってしまいますよね。
医師に相談をして、自分に合った治療法を選んでくださいね!

治っても油断しないで!小さいコメドがニキビを大きくする

皮膚科でニキビ治療を受けても、またニキビができる可能性があります。
治しても治しても繰り返しニキビができる人は、”コメド”が関係しているかもしれません!

コメドは・・・
●毛穴が詰まっている状態
●ザラザラしている
●小さくて目立ちにくい

コメドと黒ニキビ引用:https://www.nikibi-hifuka.jp/comedo/about.html

といった特徴を持っています。
小さいので気づかなかったり、気づいたとしても放置することが多いですがニキビのはじまりなので治療を受けた方が良いですよ!

ニキビが治ったからといって安心するのは早いです!
毎日鏡で、肌にコメドができていないかチェックをしましょう。

同じ場所にニキビが何回もできると『ケロイド』になる可能性がある

同じパーツに何度もニキビができると、ケロイド(盛り上がりのある痕)ができる恐れがあります。
ニキビが原因でケロイドができる確率は低いですが、それでも可能性を否定できません。

ケロイドは、

●フェイスライン
●首周り
●肩
●胸元

などにできやすいです。
その辺りにニキビができやすい人は注意しましょう。
とくにニキビによって炎症が起きやすい人は、皮膚科でしっかりと診てもらうことを心がけましょう!

ニキビ治療におすすめの皮膚科

ニキビ治療に強い皮膚科を紹介します!
口コミでも評判ですよ(*^^*)

【相澤皮フ科クリニック】
根本的なニキビ治療を心がけている相澤皮フ科クリニックは、2ステップのニキビ治療を行っています。

まずは男性ホルモンによる皮脂の分泌量を抑えるために、ホルモン療法による治療をします。
そして皮脂量が抑えられたところで、女性ホルモン軟膏やビタミンC誘導体ローションなどを使い、レベルに合わせた外用治療を行ってくれます。

皮膚科にしては珍しくケミカルピールやレーザー、コメド圧出といった治療は行っていません!

ホルモン療法によるニキビ治療を、30万人以上の人に施しています。
実力も信頼もある相澤皮フ科クリニックでの治療はいかがでしょうか(*^^*)

【東京アクネクリニック ニキビ専門皮膚科】
東京アクネクリニック ニキビ専門皮膚科ではメディカルアクネケアと言って、オリジナルの治療法やアクネピーリングなどでニキビ治療を進めてくれます。

他にもLED光治療や外用薬、イオン導入に内服薬など様々な治療法も取り揃えていますよ^^

でもとくにおすすめの治療法がメディカルアクネケアです。
皮脂腺だけを狙って破壊するので、再発を防げます!もう二度とニキビを作りたくないという人におすすめです。

5 エステサロンで施術を受けるのもオススメ♪

花びらとオイル

ニキビ跡はピーリングでアプローチ!

今まで皮膚科での治療をおすすめしてきましたが、それでも行きづらい人はいると思います。
そんな人達はエステサロンでニキビ治療を受けるのもおすすめです!
エステサロンでは、

★光フェイシャル(IPL)
★ピーリング
★イオン導入
★タラソパック
★マッサージ

といった施術を受けることができますよ^^
ちなみにニキビ痕の治療にはピーリングがおすすめです!

ピーリングは肌に蓄積した古い角質を取り除き、新しい皮膚の再生をサポートしてくれます。
ニキビ跡の他にも、毛穴詰まりや色素沈着などにも効果的です!

6 二度とニキビを作れない肌にしよう♪

花に囲まれた女性

ニキビを再発させない予防方法

★洗顔方法を見直す
優しく泡で洗うのが基本ですが、泡洗顔でニキビ部分がしみる場合は水洗顔しましょう!
メイクをしている場合は敏感肌用のクレンジングなどを使って、メイク汚れを落としてあげてくださいね^^
また洗顔料も刺激が弱いものを選んでください。

薬用ニキビ専用洗顔石鹸 Non A.ノン・エー

泡と石鹸

引用:https://www.primaryinc.co.jp/soap/nona_ja.php?ad_code=anp40112

無着色、無香料、無エタノール、無鉱物油といった4つの無添加ニキビ専用洗顔料です!
モチモチの肌が特徴的で、肌の摩擦を極力減らしながら過剰に分泌された皮脂を落としてくれます。

でもローヤルゼリーやヒアルロン酸、リピジュアといった潤い天然成分も含まれているので、肌の潤いはしっかりと残してくれます。
長年悩みだったブツブツニキビに顔の赤みなどが改善され、一皮むけたような肌になりますよ♪

単品:2,940円
3個セット:7,980円

★ニキビケア化粧品に切り替える
毛穴をクリアな状態に保つ、肌を保湿させるということがニキビを作らないためには大切です。
ニキビ肌専用のスキンケア化粧品を使うことで、土台(肌)が整えられてニキビができない肌になりますよ^^

無添加 ファンケルドクターシリーズ アクネケアたっぷりおためしキット

ファンケルの化粧品

引用:http://www.fancl.co.jp/pub/acc/index_nmseo.html?scid=afi-ntm&utm_source=afi&utm_medium=afi-ntm&utm_campaign=afi-ntm&affnmsid=7fbabbe88f515f8d9c12d4581eb944a54bc35663

あのファンケルから、ニキビ肌にアプローチするスキンケアシリーズが発売されました!
皮膚科医と共同開発したアイテムなので、その実力はお墨付き。

プルーン酵素が毛穴に詰まった角栓を溶かしてくれます。
またアケビアエキスが、ニキビ跡などのダメージを受けた跡を整えてくれます!
しっとりとした使い心地ですが、脂っぽくならないのでオイリー肌の人でも使いやすいですよ♪

お試し価格:1,000円
通常価格:3,240円

★食事内容を整える
内側からニキビにアプローチすることも大切!
ビタミンB2やビタミンB6といった肌に良い栄養をたっぷりと補給してあげましょう^^

食事内容を心がけることが大切ですが、日頃の食事だけで栄養を補えない場合はサプリでサポートするのもおすすめです(*^^*)

DHC ビタミンBミックス

ビタミンBサプリ引用:https://item.rakuten.co.jp/dhcshop/8000032167/

ビタミンB群をたっぷり摂りたいなら。DHCのこちらのサプリメントがイチ押しです!
全8種類のビタミンB群をまとめて摂取できるので、効率よく栄養を補給したい人にぴったりです^^

1日2回の摂取が目安になっているので、『朝食+1粒、夕食+1粒』と分けて飲むことができますよ。
価格がリーズナブルなので続けやすいのも魅力的です♪

30日分:229円

★生活スタイルを改善する
成長ホルモンの分泌を促して、肌のターンオーバーを活性化させるためには睡眠が重要です!
22時~2時の間に成長ホルモンは分泌されるので、その間に布団に入るようにして最低6時間は眠りましょう。

7 まとめ

髪の長い女性

ニキビを治すためには生活スタイルや食生活を改善することが基本です。
そして皮膚科でニキビ治療も受けることで、治りを早めることができます。

ニキビ治療のために皮膚科へ行くのは大袈裟ではありません!
見た目を清潔にして、生活の質を上げるためにも大切なことですよ(*^^*)

皮膚科で治療を受けることで辛いニキビから開放されて、ツルッとした肌を手に入れられます♪
内面も輝くこと間違いなし!