スキンケアは年代別に行なうのが鉄則!今のお肌に満足していない人はスキンケア方法をチェンジしよう

「なんであの人の肌はきれいなのに私の肌は汚いの?」と思うことはありませんか?
私はたくさんありました。

一生懸命、洗顔もクレンジングも頑張ってスキンケアもしているのに、さぼり気味の友人の方が美肌だったときは卑屈になっちゃいますよね。
でも卑屈になってもなにも変わらないんです。

今一度、スキンケアを見直してみませんか?
スキンケアはただすれば良いというわけではありません。”年代に合ったスキンケア”というのが大切です。

あなたの年代に合ったスキンケア方法を学び、美しい肌を手にいれましょう。

1 肌が美しい女性は好感度アップ

頬に手を添えた女性

肌のきれいな女性は、男性から第一印象が良いという結果になりました!

アンケート結果
男子194人のホンネ「思わず触れたくなる女性の肌」って?|「マイナビウーマン」

「素肌がきれいだと嬉しい」「素顔が美しい人ほど魅力がある」など、素肌美人に好印象を抱いているのです。

逆にシミがあったり、眉毛がなかったり、誰?と思うほどメイクとギャップがあったりするのはNGのよう。

ちょっと厳しいように感じますが、女性の皆さんもすっぴん美人でいたいですよね^^
そこで美しい肌を作るスキンケア方法をご紹介します。

2 年代によってお肌の悩みはちがう 

鏡を見ている女性

お肌のコンディションは年代が変わると共に変わってきます。
まず、自分のお肌はどんな状態なのか知ることがキホンです。

10代のお肌の状態

10代は皮脂分泌が活発なので、ニキビができやすいです。
皮脂が毛穴に詰まることが原因で発生してしまいます。また、皮脂により肌のベタつきも気になるようです。

20代のお肌の状態

本格的に化粧を始める年代です。
大学に入学したり会社に就職したりと忙しくなり、食生活や生活習慣が乱れがちになります。
その影響でお肌が乾燥しがちになり、敏感になる人もいます。

30代のお肌の状態

長年の紫外線や乾燥、出産などがきっかけでシミができやすい年代です。
目の下や頬、口周りなどあらゆるところにシミがあらわれ始めます。
乾燥が気になっている人もまだまだ多いです。

40代のお肌の状態

40代も30代の頃と同じようにシミが気になる年代ですが、シワが気になり始める頃でもあります。
シワは紫外線や乾燥が原因でできるので、若い頃日焼けをしていた人やお肌が乾燥気味だった人は要注意です。

50代のお肌の状態

50代からはシワを気にする人が増えます。
そんなシワは紫外線の他に、肌のコラーゲン不関係しているます。
50代になるとコラーゲンが減少してくるので、化粧品で与えることが大切です。

このように年代によって肌の状態は全然違います。
ご自身の現在の肌状態を理解しておくことで、最適なスキンケアを施してあげることが可能です^^

3 スキンケアは年代別に分けて行なうのが鍵 

パックをしている女性たち

年代別のおすすめスキンケア方法をご紹介します☆
ぜひ試してみてくださいね。

10代は洗顔&保湿が重要

皮脂は天然のクリームなので、お肌を保湿&保護してくれます。しかし過剰に分泌するとベトベト、テカテカな状態になって清潔感が失われます。
そんな10代女性は、洗顔をして不要な皮脂を洗い流しましょう。

洗いすぎると逆に必要な皮脂を奪ってしまうので、泡でやさしく顔を洗ってください。
洗顔は1日2回ほどで良いです◎

洗顔後は保湿を重視したスキンケアを行ってください。
インナードライが原因で皮脂が分泌されている可能性もあるので、ベタつきの気にならない化粧水やクリームを使ってください。
Tゾーンのみさっぱりタイプを使うのも良いでしょう。

20代はやさしいスキンケアがポイント

まだまだ肌は丈夫で素肌も美しいですが、この頃から優しいスキンケアを行なうことを心がけてください。
この年代は洗浄力が高い=刺激の強いクレンジング料を使うことが多いので、肌トラブルが増えます。
また、過剰な洗浄により肌の乾燥も招いてしまいます。

これらの肌トラブルを避けるためにも、やさしい洗顔料やクレンジング料を選ぶようにしましょう。
そして基礎化粧品もできるだけ無添加のものを選ぶとベストです。肌の摩擦を減らすオールインワンジェルなどもおすすめです。

30代はバリア機能を高めることを意識しよう

どんどん肌の衰えが気になってくる年代です。
紫外線や摩擦などの影響で肌が弱くなるので、敏感肌になる人も増えてきます。

そこでバリア機能を高めるスキンケアを意識しましょう。
保湿やUVケアを中心としたスキンケアがおすすめです。またシミが目立ってくる年代でもあるので、シミ消しクリームや美容液なども使ってケアしていきましょう。

40代はターンオーバーサイクルを整えよう

保湿効果がガクンと下がり、お肌のターンオーバーが乱れてしまいます。
また、コラーゲンやヒアルロン酸も減少します。

ターンオーバーを整えるためには、紫外線対策をして保湿力の高い化粧水や美容液を使いましょう。
そして角質をOFFすることもポイントです。

50代はお肌の新陳代謝を促進させよう

肌の新陳代謝をアップさせるためには保湿が大切です。
肌が乾燥するとバリア機能が下がるので、角質が肌を守ろうとして厚くなります。
そのため肌の新陳代謝が衰えて、ゴワゴワとした肌になってしまいます。

保湿をしてあげることで肌の潤いがキープされ、乾燥を防ぐことができます。
それにより角質が蓄積されるのを防げ、新陳代謝も整います。

4 美肌はインナー美容がコツ~食事も心がけて~

野菜を食べている女性

スキンケアを意識することは大切ですが、食生活の意識も忘れてはいけません。
食べ物の内容が良いと肌の調子は良くなり、逆に乱れていると肌の調子は悪くなります。
内蔵の調子がお肌のコンディションを左右するのです。

★内臓の調子が良いとお肌がツヤツヤになる
★肝臓の機能が高いと毒素を排出する
★腸内環境が整うと栄養の吸収率が高まる

ということを覚えておきましょう。
どの年代でもそれは変わりありません。野菜・炭水化物・タンパク質をバランス良く食べることを心がけてくださいね。
とくにお肌に良いとされているビタミンCはたっぷりと摂っておきたいです^^

内側からもケアすれば、より美しいお肌になるに違いありません!

5 自力で難しいスキンケアはエステや美容皮膚科を頼ろう

フェイシャルエステを受けている女性

毎日スキンケアを努力しても、なかなか肌の調子が改善されない場合があります。
そういうときはエステサロンや美容皮膚科に行ってみるのもおすすめです。

プロが専用のマシンを使って施術をしてくれるので、セルフケアよりも格段に効果が現れます。
私の場合毛穴詰まりやくすみが気になっていたのでエステでフェイシャルケアをしてもらったのですが、たった1回でお肌がパッと明るくなったのです。
このあとファンデーションをするのがもったいないくらいでした。

くすみや乾燥など比較的簡単に解消できそうな場合➔エステ
シミや毛穴の黒ずみなど本格的なケアが必要な場合➔美容皮膚科

お肌の悩みレベルに合わせてエステ、または美容皮膚科を選ぶと良いでしょう^^
もちろん施術後のスキンケアも忘れずに、いつも通り行ってくださいね!

6 まとめ

りんごを持っている女性

自分の肌状態が理解できなかった人は、正しいスキンケアをできていなかったはずです。
逆に自分の肌質を理解できていれば、適切なスキンケアを施せるということです。

生きている限りスキンケアとは付き合っていかなければいけないので、途中で面倒に感じてしまうこともあると思います。
でも頑張った分だけ美しい肌に導くことができるので、諦めずにやっていきましょう。

そして友人よりも美しくなりましょう♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る