肌のくすみ(黄ぐすみ)は糖化とカルボニル化で起こる!原因と対策方法をチェック

「ここ最近、肌が黄色っぽくくすんできた」という人はいませんか?
くすみはくすみでも、それは糖化カルボニル化かもしれません。

今回は糖化とカルボニル化の原因、対策方法などを紹介していきます。
手遅れになる前にケアしていきましょう!

1 肌のくすみ(黄ぐすみ)って一体どんな状態?

肌が黄色っぽくなっているように見えるくすみを、黄ぐすみと言います。
通常のくすみは血行不良や乾燥、ターンオーバーの乱れなどが原因ですが、黄ぐすみの場合は糖化やカルボニル化も関係してくるんです。

黄ぐすみになると肌が黄色っぽかったり、茶色っぽくなったりするように見えます。
ファンデーションの色が合わないだけでなく、キメもみだれて化粧ノリも悪い状態です。

2 黄ぐすみが起こる原因

カップケーキ

糖化とカルボニル化。
この2つが大きく黄ぐすみに影響しています。

糖化について
体内で余分に余った糖質とタンパク質(コラーゲンやエラスチン)が結び合うことで、AGEs(最終糖化生成物)という物質に変わります。
このAGEsは黄褐色なので、それが蓄積することで肌の色が黄色っぽくくすんでしまうのです。

この糖化は真皮で行われており、糖化が起こることで肌のくすみだけでなくシワやほうれい線、毛穴のたるみなどにも繋がります。

また、最近では表皮でも糖化が起こるという報告もあり、糖化により水分保持能力も低下します。
つまり肌の乾燥を招きやすいということです。

・お菓子やケーキが好き
・炭水化物が好き
・あまり野菜を食べない
・食生活が乱れている

このような人は肌の糖化を起こしやすいです。

カルボニル化について
タンパク質(コラーゲンやエラスチン)とアルデヒドという脂質の分解物が結びつくとALEs(終末脂質化酸化産物)が生成されます。
これがカルボニル化です。

カルボニル化は糖化よりも濃いとされています。
イメージするなら糖化がパステル黄色、カルボニル化が蛍光黄色というような感じです。

実はこのカルボニル化のメカニズムは、未だに分かっていません。
ただ40代以降になると量が増えてくるという研究結果があります。

・食生活の方よりがある
・タバコを吸っている
・外気(排気ガスや大気汚染)に当たっている時間が長い
・紫外線に当たることが多い

という人はカルボニル化しやすいので要注意です。

3 糖化とカルボニル化は早期対策が必要

肌白の女性

実は、糖化やカルボニル化を起こした肌は修復しづらいと言われています。

真皮の新陳代謝はおよそ3~5年ほどかかると言われています。
そのため、糖化を起こした真皮が元に戻るまでかなり長い月日がかかるということです。

表皮のターンオーバーは正常なら28日、乱れていると2~3ヶ月ほどです。
真皮と比較すればわりと早く肌が生まれ変わります。
もし糖化やカルボニル化が表皮で起きているなら、早期に肌のくすみを改善することが可能です。

ただ、先程も言ったように真皮で起きているなら長年かかることを覚悟した方が良いでしょう。

だからと言って対策を諦めるのは良くありません!
毎日コツコツと対策することで、肌のくすみは徐々に良くなっていきますよ。

黄ぐすみに悩んでいる人は今から対策を始めましょう!

4 注意したい食生活&取り入れたい食生活

糖化やカルボニル化の対策には、食生活が大事です!

NG 脂肪分の多い食べ物
NG ビールや日本酒
NG ケーキなどのスイーツ

油は肌のツヤのために重要ですし、お酒は時々たしなみたいですよね。
”適度”ならどちらも大きな問題はありませんが、過度に摂取することで糖化やカルボニル化を招いてしまいます。

また生活習慣病に発展する可能性も高いです。

では、なにを食べれば良いのかと言うと

・野菜

です。
ビタミンCがたっぷりの赤ピーマンや、βカロテンが含まれたモロヘイヤ、リコピンが豊富なトマトなどがおすすめです。
これらの野菜は抗酸化作用を持っており、美肌へと導いてくれます。

5 まとめ

糖化やカルボニル化が深刻になるほど肌のくすみはひどくなります。
そうなる前に、食生活を意識して肌のくすみを治してください。

スキンケアももちろん大事ですが、インナーケアもすることでより効果が高まりますよ。
ぜひ、これから食生活を見直してくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る