【2018年人気】おすすめのオールインワンジェル11選|悩み別・年代別・肌質別での選び方

タオルを巻いた女性

「手軽にスキンケアをしたいけど、手を抜くのは嫌だな……」と思っている女性におすすめなのが、”オールインワンジェル”です。
1つに化粧水・美容液・乳液・クリームといった役割が詰まっているため、ササッとスキンケアを終わらせることができます。

その他にもオールインワンジェルにはたくさんの魅力があるんですよ!
今回はオールインワンジェルについて調べたので、ぜひご覧ください^^

1 オールインワンジェルってどんな化粧品?質は良いの?

化粧品と女性

■オールインワンジェルとゲルのちがい

辞書の上での意味では、ゲルとジェルに違いはありません。単にゲルがドイツ語でジェルが英語というだけです。ただし、化粧品の商品名として使われる場合には、微妙な違いがあります。
【医師監修】オールインワンゲル(ジェル)の特徴と効果 | スキンケア大学

ほとんど同じようなものですが「ジェルは水分が多め」「ゲルは水分が少なめ」といった使用感の違いは多少あるようです。

■どんな人にオールインワンジェルは向いている?

・スキンケア時間を短縮したい人
・肌がデリケートな人
・スキンケア用品を節約したい人

普通なら化粧水➔美容液➔乳液➔クリームと、スキンケアはライン的に行なわなければなりません。
ところがオールインワンジェルはその役割を1つで補ってくれるため、スキンケアを短時間で済ませることができるのです。子育て中の人、朝は忙しいからパッと準備を終わらせたい人など、スキンケアに時間をかけることのできない人にぴったりです。
これ1つあれば良いので、いろいろと化粧品を揃える必要もありません。

また、何度も肌に手を当てる必要がないため肌への刺激を軽減でき、肌がデリケートな方にも向いています。

■オールインワンジェルには魅力がたくさん!

【メリット】

・ワンステップでスキンケアが済む
・摩擦による肌への負担を減らせる
・コスパが良い
・置き場をとらない
・化粧下地の役割もある

このように様々なメリットがあるところが、オールインワンジェルの魅力です。
ワンステップでスキンケアができるのは嬉しいですよね^^とくに疲れて早く寝たい!ときなんかは大活躍です。

たった1つでもちゃんとスキンケアできるので、ズボラ女子になんかなりません。

■注意したい3つのPOINT

【デメリット】

・いろんな成分がひとつになって刺激が強くなることも
・肌のコンディションに合わせたスキンケアができない
・単品使いよりも効果が薄い

ところがオールインワンジェルにはこのような、デメリットもあります。
でも、自分の肌の状況に合わせて選べば、問題なく使えますよ。
そのためには、

・肌に刺激のある成分が入っているかチェックする
・肌のコンディションを見て複数づかいする

という2つのポイントを意識しましょう。
オールインワンジェルを購入するときは、まず成分を吟味した上で選びましょう。

また、体調・季節などの影響で肌の状態が変わる場合もあります。しかし、オールインワンジェルは1つに役割すべて詰まっているため、肌のコンディションに合わせたスキンケアができない場合もあるのです。
肌が変化しやすい人はそのことを踏まえて、化粧水や乳液などを別で準備しておくことをおすすめします。

棒グラフ
便利なオールインワンゲル、そのデメリットとは?-ドクターシーラボ公式通販

このように化粧水や美容液を別で用意して、肌のコンディションに合わせて複数使いをしている人は多いです。「ちょっと物足りないな」なんてときにもおすすめです。

2 オールインワンジェルの選び方が重要!

スキンケア最中の女性

①悩み別で選ぶ

【シミ・くすみ】
「プラセンタ」「ビタミンC」「セラミド」「コラーゲン」入りがおすすめ!透明感のある肌に導くことが大事です。

【毛穴の開き・たるみ】
「ビタミンC」「コラーゲン」入りがおすすめ!皮脂の分泌量を減らして、肌のうるおいを与えることを意識しましょう。

【ニキビ】

「グリチルリチン酸ジカリウム」「ビタミンC誘導体」といった、ニキビの炎症を抑えたり、皮脂の分泌量を緩和してくれる成分が入ったタイプがおすすめ!

②年代別で選ぶ

・10代
思春期ニキビが増えやすい時期。ニキビ予防を中心とした化粧品を選びましょう。

・20代
保湿を中心とした化粧品で、10年先のことを考えたスキンケアをしましょう。

・30代
コラーゲン不足やセラミドの減少で、肌の弾力が低下してきます。コラーゲンやセラミドを補う化粧品を選びましょう。

・40代
シワやシミが目立ってくる年代です。エイジングケアを中心とした化粧品を選びましょう。

・50代
ほうれい線や目尻の小ジワなど悩みが増える年代です。40代同様、引き続きエイジングケアを意識した化粧品を選びましょう。

年代によって肌のコンディションは異なります。それぞれの肌状態を理解してオールインワンジェルを選ぶことも大切です。

③肌質別で選ぶ

【乾燥肌】
セラミド不足が乾燥の原因です。セラミドが配合されたタイプを意識して選ぶと良いでしょう。

【敏感肌】
バリア機能を整えてあげることが大切です。セラミドが減少するとバリア機能が低下するので、乾燥肌同様、こちらもセラミド配合タイプを選ぶことを意識しましょう。

【オイリー肌】
保湿が足りず、過剰に皮脂分泌を促すためオイリー肌になってしまいます。さっぱりしていても、保湿をしっかり行えるタイプを選びましょう。
またビタミンCが皮脂の分泌を抑制してくれるので、それも配合されているとGOODです。

■あなたの肌質はなにタイプ?診断してみよう

洗顔後、肌を数分間放置します。(夏10分、冬5分)
あなたの肌はどのような状態になりますか?

①肌がつっぱったり、カサカサしたりする
②全体的にベタつく
③とくに気になることはない

①の人は「乾燥肌」「敏感肌」
②の人は「オイリー肌」
③の人は「普通肌」

という結果です。
自分の肌質を理解しておくことで、よりオールインワンジェルを選びやすくなります。
この調べ方は簡易的なので、実際にデパートなどの化粧品売り場で肌タイプを測定してもらうと良いでしょう◎

3 おすすめオールインワンジェルを一挙紹介

ジェル

 

相性の合うベスト商品を見つけよう!

【シミ・くすみに悩んでいる人向け】

★ドクターシーラボ 薬用アクアコラーゲンゲル美白

ドクターシーラボの化粧品

¥4,320(1ヶ月分単品購入)
¥3,456(定期購入)

①メラニン生成を抑える
②うるおいを与える
③肌を柔らかくする
④肌のコンディションを整える
⑤ツヤを与える

と5つの方向から美白にアプローチしてくれます。
老人性色素斑・肝斑・炎症性色素沈着・雀卵斑・脂漏性角化症・後天性真皮メラノサイトーシスといったあらゆるタイプのシミにもアプローチ。
肌の奥に隠れているシミ予備軍を予防できます。

【毛穴の開き・たるみに悩んでいる人向け】

★トリニティーライン

化粧品

¥4,104(単品)
¥3,693(定期購入)

2010~2017年モンドセレクション最高金賞受賞を8年連続受賞している、名高いオールインワンジェルです。
48種類もの美容成分が配合されており、ハリのあるたるみ知らずの肌をつくってくれます。肌に弾力がうまれることで開き毛穴も目立たなくなり、悩み知らずの健やかな状態に育ちます。

また「多重層ナノカプセル」と「LHPナノカプセル」のおかげで美容成分が角質までしっかりと届き、濃厚な美容成分を与えることができます。
肌内側から変化を実感できるでしょう。

【ニキビに悩んでいる人向け】

★EclatCharme(エクラシャルム)

白い容器

¥980(ラクトクコース)
¥9,800(単品)
¥15,680(2箱セット)
¥20,580(3箱セット)
¥24,500(5箱セット)

クワエキス・サクラ葉エキス・セージ葉エキス・メリッサ葉エキス・ユキノシタエキスと、肌の炎症を抑えたり肌荒れを改善してくれる成分が贅沢に配合されています。
ニキビ肌の方はもちろん、肌荒れしやすい方でも使っていただけます。

低刺激なので肌質がゆらぎがちな子供でも使いやすいと好評です。デコルテや二の腕、背中やヒップといったニキビができやすいボディパーツにも使用可能と万能なオールインワンジェルです。

【10代向け】

★パセノールモイストジェル

チューブタイプの化粧品

¥1,620(約1ヶ月分)

森永製菓から販売されているオールインワンジェルです。
すーっと肌に馴染むので、皮脂の分泌量が多い10代女性でもベタつきが気にならず使いやすいです。
チューブタイプのため持ち運びしやすく、部活帰りのスキンケアにも使えます。

また皮脂量が多い10代女性は化粧崩れしやすいですが、化粧下地も兼ねているこちらのオールインワンジェルを使えばファンデーションと密着し、化粧崩れ防止としても役立ちます。

【20代向け】

★パーフェクトワン モイスチャージェル

フタが茶色の容器

¥4,104(単品)
¥3,693(定期購入)

7種のコラーゲンや50種類の保湿成分ががぷるぷるの肌をつくり保護してくれます。
20代は肌質が安定していることが多いですが、20代後半は曲がり角です。この頃からエイジングサインがあらわれはじめ、どんどん肌のコンディションが衰え始めます。
肌の状態がダウンする前からしっかり美容成分を補うことで、10年先も若々しい肌を保てます。

合成香料・合成着色料・パラベンといった添加物フリーなので、肌にやさしいところも魅力的です。

【30代向け】

★ユーグレナ one オールインワンジェルクリーム

緑色の容器

¥2,980(単品1ヶ月分)
¥2,682(定期購入1ヶ月分)
¥4,900(単品1~2ヶ月分)
¥4,410(定期購入1~2ヶ月分)

強い生命力と栄養持ったユーグレナ。そんなユーグレナエキスが肌に栄養とハリを与え、たるみやほうれい線が気になりはじめる30代女性の肌を生き生きと若返らせてくれます。

しっとりとした使い心地が特徴的で、乾燥しやすい肌質の30代女性におすすめです。
乾燥によって小じわもできやすくなるので、シワ対策にもぴったりです。

エイジングケアとして一役買ってくれるでしょう。

【40代向け】

★フィトリフト オールインワンジェル

ボトルの布

¥4,600(単品)

肌の弾力が落ちて、たるみやシワが目立ってくる40代。若く見られるか老けて見られるか、ここで大きく分かれます。
そんな40代女性に大切なのは、肌の弾力です。フィトリフトオールインワンジェルは外側から肌を引き締める「ハリネットポリマ」を採用しており、たるみのない肌を実現してくれます。

いやなベタつき感はなく、しっとりとした肌に仕上がるのでこれ1つでも十分です。
夜のスキンケアに使えば、翌朝ふっくらとした肌になります。

【50代向け】

★キレイ・デ・ボーテ プラセンタジュレ

茶色のボトル
¥2980円(単品)

年齢肌にアプローチしてくれるプラセンタジェル。
馬プラセンタに馬サイタイエキス、馬油にヒアルロン酸などその他あらゆる美容成分がリッチに含まれています。
そしてなんと、1本で7役(化粧水・乳液・美容液・クリーム・マッサージクリーム・パック・化粧下地)と充実したオールインワンジェルです。

50代になると単純なエイジングケアでは肌の老化を止められません。今まで以上、成分にこだわる必要があります。
「年齢も年齢だから・・・」といって諦める必要はありません。こだわりの詰まったこちらのオールインワンジェルなら、年齢に負けない美しさを維持できます。

【乾燥肌の人向け】

★雪肌精 ハーバルジェル

雪肌精と書かれた容器

¥3,980

①うるおい
②キメ
③くすみ
④肌荒れ
⑤ハリ
⑥ツヤ
の6つをケアしてくれる優れものです。保湿力が非常に高く、ひどく乾燥した肌もなめらか陶器のように透き通った肌にしてくれます。

美容液・乳液・クリーム・マッサージ・マスクの役割をしてくれます。化粧水はライン使いがおすすめです。
乾燥によるくすみや化粧崩れなどが気になる方にイチ押しです。

【敏感肌の人向け】

★ちふれ うるおいジェル

オールインワンジェル

¥800+税
¥700+税(詰め替え用)

スーッと肌に馴染むジェルが、しっとりモチモチとした肌へと導き、ヒアルロン酸・加水分解ヒアルロン酸・トレハロース・オウゴン根エキスといった4つの保湿成分が角質層をうるおします。
アルコール不要なので、肌がデリケートな方でも安心して使えます。

リーズナブルな価格なので、リピートしやすいのも魅力的。また、手に収まるサイズなので持ち運びも便利です。お泊りや温泉などにも重宝したいひとつです。

【オイリー肌の人向け】

★スキンコンディショニングジェル

ハトムギジェル

¥972(税込)

みずみずしいジェルが肌に染み込むと、モチモチの肌へと生まれ変わります。ベタつかないので、油分が気になるオイリー肌の方でも気にせずたっぷりと使えます。
また、無香料・無着色・低刺激性なので肌が敏感になったときにも◎

オイリー肌はメイクが崩れやすいですが、これを使えば肌がしっかりと保湿されうるおいがキープされるので、メイク崩れが気にならなくなります。

4 基本の使い方×工夫した活用方法で美肌をGET

真顔の女性

■押さえておくべき6つの使い方

・使用量を守る
・スパチュラでジェルを取る
・優しく肌に馴染ませる
・UVケアをする
・朝と夜で使うタイプを分ける
・ジェルが乾いたらメイクする

オールインワンジェルはジャータイプの容器に入っていることが多いですが、そのとき手で取るのはNG。手についた雑菌が容器の中で繁殖してしまい、衛生上良くありません。
スパチュラですくって、手のひらに取り出しましょう!

また朝はメイクするので軽いテクスチャのもの、夜は保湿を重視するので重めのテクスチャと使い分けることも大切です^^
ただエアコンが効いた部屋でお仕事をするならもちろん保湿を重視する必要があるので、時と場合によって使い分けましょう。

■簡単3ステップ

①手のひらで温める
②乾燥しやすい部分から馴染ませる
③重ね塗りする

まず手のひらで温めることで、ジェルが肌の奥に浸透しやすくなります。そして早く乾燥しやすいところを中心に馴染ませ、さらに気になるところに重ね塗りすることで、保湿効果が高まります。

■複数づかいする場合どういう順番がいいの?

サラサラとしたテクスチャの化粧品を先に馴染ませましょう。油分多めの化粧品を先に使うと、その他の化粧品の馴染みが悪くなります。

化粧水をプラスするなら、先に化粧水を使ってその次にオールインワンジェル。
乳液をプラスする場合は、オールインワンジェルの次に乳液といった順番です。

★【シズカニューヨーク】

2本のボトル

¥3,880+税(初回限定)
「ベストフェイシャル賞」「ベストスキンケア・テクニシャン賞」「ベストアンチエイジング・フェイシャル賞」を受賞した名高い化粧品です。
シミ対策の化粧水×シワ対策の美容液がセットになっています。

合成着色料・合成香料・鉱物油・アルコール・紫外線吸収剤が無添加と肌にやさしいです。
98%もの方がハリや透明感を実感しており、その効果はお墨付き。

■時間があるときはスペシャルケアもおすすめ◎

・フェイスパック
・マッサージ
・ボディケア

といったスペシャルケアもたまにはしてあげましょう。
商品によってはフェイスパックやボディケアに使えます。ときどきご褒美を与えることで、肌も喜んでくれますよ♪

5 肌に浸透しにくいときはプラスαのスキンケアをする

化粧水を手にとっている人

オールインワンジェルの魅力は、1つで手軽にスキンケアできるところです。しかし、古い角質が蓄積すると肌に成分が浸透しづらくなり、思ったようなスキンケア効果を実感できなくなります。

そんなときは、導入液や拭き取り化粧水を利用して、古い角質を取り除いてあげるようにしましょう!

■導入液や拭き取り化粧品で浸透率を高める

化粧水をつける前の美容液を、導入液またはブースターといいます。拭き取り用化粧水と表記されていることもあります。

導入液や拭き取り化粧水は毛穴の汚れをとったり、古い角質を取り除いたりして、肌に必要な成分を浸透しやすくしてくれるのです。

毎日洗顔していても実はちゃんと肌の汚れが落ちていないことも。
わたしは拭き取り化粧水を使っていますが、洗顔後コットンに液体を馴染ませて顔を拭くと、ファンデーションやホコリといった汚れがとれます。また、カサカサしていた頬が滑らかになってキメが整うのです。

そのあとスキンケアを行うのですが、いつも以上に化粧水の馴染みが良く肌がうるおいます。やるのとやらないのとでは全然違うということを実感しました。
気が向いたときでも良いので、ぜひ取り入れて欲しいスキンケア方法です。

6 オールインワンジェルのQ&A

考えている女の子

■気になることを質問~疑問はここで解決~

Q.ベタつきませんか?
保湿効果を重視したタイプだと、ベタつきが気になることはあります。しかし、すべての商品がそうとうわけではありません。保湿成分が配合されていても、みずみずしかったりサラッとした使い心地のものもあります。
テクスチャが気になる方はサンプルやトライアルセットで試してみることをおすすめします。

Q.下地効果があるものを夜に使っても良いですか?
肌を整えるための下地効果です。オールインワンジェルそのものが毛穴をカバーしてくれるわけではないので、夜でも使って平気です。

Q.塗ったあとにファンデーションをしたら白いポロポロが出てきたんだけど・・・
肌に成分が浸透する前にファンデーションやその他の化粧品を重ねてしまうと、ポロポロとした白いカスが出てくる場合があります。
オールインワンジェルを肌に塗ったら、約3分間はなにもせず休ませてください!

7 まとめ

横を向いている女性

オールインワンジェルには、様々な魅力があることが分かりましたね。
自分に合ったものが選べて、正しく使うことができれば肌のコンディションがグンと良くなりますよ^^

手軽にスキンケアできるのに、肌の調子は整うって嬉しいですよね^^
今のスキンケアに悩みを抱えている方は、ぜひオールインワンジェルを使ってみてくださいね。