赤ら顔は化粧水で治せる!「顔赤くない?」そう言われないための対策方法

“ 顔赤いよ ”

「え!?化粧で隠したはずなのに・・・」

こんな経験はありませんか?
アルコールを飲んだら顔が赤くなることがあると思いますが、赤ら顔はどんなときも常に顔が赤い状態!
化粧で隠しきれないくらいヒドイ赤ら顔に悩んでいる人も多いはず。

そんな赤ら顔を解決するために

◎赤ら顔におすすめの化粧水
◎対策方法

などを紹介していきます!
ちゃんとケアすれば着実に赤ら顔は良くなっていきますよ(*^^*)

1 赤ら顔の原因は?対策はどうすれば良い?

まずは”なぜ赤ら顔になるのか”原因をしっかり理解することが大切です。
原因を知り取り除くことで、赤ら顔対策がうまくいきます!

赤ら顔になる9つの原因

原因①毛細血管が透ける
皮膚には細い血管がいくつも通っています。いわゆる毛細血管です。
この毛細血管が外の空気や室温の関係で広がると皮膚から透けてしまい、赤ら顔が目立ってしまいます。

ちなみに毛細血管が太い人、毛細血管の量が多い人は外の空気や室温関係なく目立つ傾向にあります。

原因②皮膚の菲薄化(ひはくか)
皮膚が菲薄化(薄い)している人は、その分毛細血管が透けやすいです。
生まれつき皮膚が薄い人がいますが、誤ったスキンケアや加齢の影響で菲薄化する人もいます。

原因③ニキビによる赤み
炎症を伴った赤ニキビができると、ニキビ周辺の皮膚も赤く腫れます。
こういった炎症性のニキビが治ることなく繰り返しできることで、ニキビ周辺の血管が拡張した状態が続き、色素沈着を起こして赤ら顔になってしまうのです。

原因④敏感肌で炎症を起こしやすい
敏感肌はちょっとした刺激を受けただけで、炎症を起こしやすいです。
炎症を繰り返しやすく、そのまま色素沈着へと発展することが多いのが特徴的。
たとえ炎症が軽症でも繰り返すことで重症化しやすく、赤ら顔を引き起こしてしまいます。

かぶれや痒みも敏感肌にとっては赤ら顔を招く原因なので注意しましょう。

原因⑤血行不良
外気や室温以外に血行不良が元となり、血管が血液の流れを良くしようと毛細血管を拡張させることがあります。
それによりくすみがちな赤ら顔になります。

血行不良は顔全体に起こりやすく、その分広範囲に渡ってくすみがちな赤ら顔になりやすいです。

原因⑥乾燥による赤み
肌の水分量が減り乾燥することで、バリア機能が低下してしまいます。
バリア機能は肌を外的刺激から守る役割があり、機能が低下することで粉吹いたり、ちょっとした傷ができて赤ら顔を引き起こしてしまうのです。

原因⑦酒さ(しゅさ)
頬、鼻周りなどが赤みを帯びる酒さ。
ピロリ菌や毛細血管の拡張、タンパク質の問題などが原因で起こるとされていますが、はっきりとした原因は未だに不明です。

酒さになった肌は免疫力が落ちていて、とても弱くなっている状態です。

原因⑧脂漏性皮膚炎
皮脂腺が多い部分で起こる脂漏性皮膚炎は、頭皮やおでこ、鼻といった部分で症状が起こりやすいです。
詳しい原因はまだ分かっていませんが、遺伝的要因や環境的要因、精神的ストレスなど様々な要因が関係していると言われています。

原因⑨赤面症
「恥ずかしい」と思った瞬間、顔から火が出るような思いをしたことありませんか?
いわゆる赤面症ですが、交感神経にスイッチが切り替わり血液が顔に集まってくることで赤ら顔を引き起こします。

このように一言で赤ら顔と言っても、色んな原因があることが分かりましたね!
続いて、そんな赤ら顔の対策方法をご紹介します^^

赤ら顔に効果的な5つの対策法

🌻赤ら顔に効く化粧水を使う
🌻肌に優しいスキンケアを行う
🌻食生活を見直す
🌻漢方を飲む
🌻皮膚科を受診する

この5つが赤ら顔に有効です!

毎日肌の手入れしているのに赤ら顔が治らないという人は、化粧水が合っていないのかもしれません。
また、間違ったスキンケアをしている可能性も高いです。
肌に合った化粧水を選び、スキンケア方法を改善する必要があります!

ところが、酒さ・脂漏性皮膚炎・赤面症は化粧水による改善が難しいです。
詳しくは以下の「8 病気の可能性もある?皮膚科の受診も大切」を見てみてください(^^)

2 赤ら顔がしてはいけない4つの習慣

赤ら顔が改善しない人が、間違って行っている習慣があります。
自分にも当てはまらないかチェックしてみましょう!

このNG習慣当てはまっていない?

①スクラブ入りの洗顔
古い角質の蓄積は取り除くことが大切ですが、必要な分まで取ってしまうと肌が薄くなります。
肌への負担が大きなりますし、皮膚が薄くなることで毛細血管が透けて赤ら顔が目立ってしまいます。

もしスクラブ入りの洗顔をするなら、週1~2回と適度な頻度にしてください^^

②スキンケア時に肌をこする
洗顔するときも基礎化粧品塗るときも、一生懸命肌をこすっていませんか?
摩擦で肌が傷つくと乾燥を招いてしまいます。
まだ、バリア機能も低下してあらゆるトラブルを引き起こす可能性も大!

③アルコール&カフェインの摂取
アルコールやカフェインを飲むと自律神経が刺激され血管が拡張するため、酒さを招きます。
ちなみにカフェインは1日500mg以上飲むと良くないとされています。

アルコールもカフェインも大好き!という人は辛いかもしれませんが、赤ら顔を解消するために控えましょう!

④たばこ
たばこで血流が悪くなると毛細血管が拡張します。
それにより血管が透けて見えるようになるので、結果赤ら顔になりやすいです。

もしたばこを吸っている人で赤ら顔に悩んでいる人は、喫煙を試してみましょう!
もしかすると赤ら顔が緩和されるかもしれません^^

3 化粧水を使う理由&化粧水の選び方

赤ら顔対策の1つとして化粧水を挙げましたが、なぜ化粧水を使う必要があるのでしょうか?
次に化粧水を使う理由、そして選び方を説明していきます!

化粧水で肌の状態を健やかに保つことが大切

化粧水が直接的に赤ら顔を解消するというわけではありません。
皮膚の構造上、化粧水を塗ったとしても毛細血管まで成分は届きません。

だからと言って「じゃあ化粧水を選ぶ必要ないじゃん!」と決して思わないでください!

それでも赤ら顔対策に化粧水が有効なのは、肌の健康状態をキープすることで肌トラブルを防げ、それが赤ら顔解消にも繋がるからです。

とくに乾燥肌や敏感肌は肌のバリア機能が低下しやすく、少しの刺激でも赤ら顔になります。
だから、しっかりと水分を与え肌の潤いをアップさせて、バリア機能を高めることが大切なんです。

また、化粧水を変えた頃に赤ら顔が気になった場合は、その化粧水と肌の相性が悪いということ。
赤ら顔専用の低刺激タイプの化粧水に切り替える必要があります。

肌を健やかにするためには保湿が大事であり、それには化粧水によるスキンケアが欠かせないということ。
化粧水で肌の状態を整えてあげることで、肌トラブルを防げて自然と赤ら顔も良くなっていくんです(*^^*)

化粧水の選び方~成分をチェックする~

化粧水によるスキンケアの必要性が分かったところで、赤ら顔に効果的な成分の紹介をしていきます♪

セラミド
保湿に優れているセラミドは、たっぷりと肌を潤してくれます。
セラミドが隙間なく肌をガードすることで、肌のバリア機能が正常に働くようになるのです。

皮膚が薄い、乾燥肌、敏感肌の人がセラミド配合の化粧水を使うと、赤ら顔が緩和されます。

ビタミンC誘導体
ビタミンC誘導体は、ニキビや肌荒れなどが原因の赤ら顔解消に向いています。
抗炎症作用があるため、ニキビによる肌の炎症が鎮まり肌の赤みが治まります。
また、色素沈着を抑える効果も持っているので、色素沈着による赤ら顔解消にもおすすめです。

4 赤ら顔に効く化粧水ランキング

1位 しろ彩

しろ彩引用:http://shirosai.shop/product/lamella-lotion/

値段 通常価格 ¥5,600
定期価格 ¥4,480
※いつでもキャンセル・解約OK
特徴 敏感肌用 赤ら顔ケア第1位
無添加
和漢植物エキス配合
高浸透型ビタミンC誘導体配合
おすすめの人 頬・鼻・アゴが赤い
メイクでカバーできない
毛細血管が見える・・・
ニキビ跡の赤みが残る
敏感肌に合う化粧品がない
効果 拡張した毛細血管にアプローチ
肌のバリア機能UP
赤みが引く

2位 ULU

ULU引用:https://www.dryskin-lab.co.jp/items

値段 通常価格 ¥4,500
お試し価格 ¥3,600
※いつでもキャンセル・解約OK
特徴 5種のセラミド配合
100%完全無添加
オールインワン
おすすめの人 乾燥肌・敏感肌
あれこれ化粧品を重ねたくない
潤いがほしい
保湿力をアップさせたい
効果 内側から肌の潤いアップ
乾燥肌が良くなる
赤みが引く

3位 ピオリナ

ピオリナ
値段 通常価格 ¥1,980
初回価格 ¥1,980
※いつでも休止・キャンセルOK
特徴 96.7%の人が満足
厳選された漢方エキス配合
進化型ビタミンC配合
おすすめの人 顔の赤みを指摘される
新しい化粧品が合わない
メイクで隠せない赤ら顔
赤ら顔の治し方が分からない
効果 肌の炎症を抑える
肌のバリア機能アップ
肌のトーンアップ

5 体験者が試した!赤ら顔のスキンケア方

相性の合う化粧水を選べたとしても間違った使い方をしていては効果を引き出すところか、肌にダメージを与える一方です。
そこで、赤ら顔だった人が行っていたスキンケア方法をご紹介します!

押さえておくべき3つのポイント

クレンジングをやめる
メイク落としに使うクレンジングですが、肌への刺激が強いです。
そのため、敏感肌やニキビ肌といったデリケートな人の肌は刺激に耐えられず、炎症から赤ら顔を招きます。

比較的ミルクやクリームタイプは肌に優しいと言われていますが、赤ら顔の人はどんなタイプでも刺激を受けやすいので辞めましょう!
メイクをしたあとでも固形石けんのみで顔を洗ってください(^^)
できるだけ肌に負担の少ない無添加タイプがおすすめです。

しかし「メイクを落とさないと余計に肌に負担じゃない?」と思う人もいると思います。
でも”クレンジング不必要”の化粧品を使えば大丈夫です!
クレンジングする必要がなく、石けんだけでメイク汚れを落とすことができますよ♪

詳しくは以下の「7 赤ら顔は化粧でごまかせる?」を見てみてください(^^)

とにかく顔をこすらない
手と肌がこすれる回数が多いほど炎症が起こりやすいです。
負担を減らすためにも顔をこすらないように注意しましょう。

コットンよりもハンドプレスがおすすめです。
また洗顔後、顔はタオルで抑えるように拭きましょう!

化粧品の数を減らす
「保湿!保湿!」といくつもの化粧品を肌に重ねていませんか?
保湿は大事なことですが、たくさんの化粧品を肌に乗せることで逆にダメージを与えてしまうことも。

”数は少なく低刺激のもの”

これをモットーにスキンケアを行いましょう^^

6 赤ら顔は化粧でごまかせる?

「今すぐどうにかしたい!」そんなときは、化粧で赤ら顔をカバーしましょう!
ちょっとしたテクニックで、肌をきれいに見せることができますよ♪

メイクは洗い流さないタイプがおすすめ

先程、固形石っけんだけで汚れを落としましょうと触れましたが、そのためにはミネラルファンデーションがおすすめです!
ミネラルファンデーションには、クレンジング不要のもが多いです。

ミネラルファンデーションは自然のものから作られているため、肌への負担が少なく敏感肌でも安心して使えます。
洗顔だけでもしっかりメイク汚れを落とせるので、常に清潔な状態を保てますよ(^^)

赤ら顔に合うコントロールカラー下地を使う

ファンデーションを重ねて赤みを隠そうとすると、ただ厚塗りになるだけでメイクがよれてしまいます。
首と顔の色もマッチせず、ただただ顔色の悪い人になるだけ。

でもコントロールーカラー下地を使えば、ファンデーションを厚塗りせず赤みをカバーすることができるんです(*^^*)
赤ら顔の人にはとくにグリーンとイエローのコントロール下地がおすすめですよ。

グリーン
・赤みカバー
・ブルーベースにマッチする

イエロー
・シミ、くすみ、そばかすカバー
・イエローベースにマッチする

それぞれのカラーにはこのような役割があります。
健康的な肌色に見せてくれますよ♪

もしカラーが合わなければ、2色を混ぜてみてください。
量を調整することで、自分の肌色に合う色を作れます。

さらに2つの化粧品で赤みカバー

ファンデーション
ファンデーションを重ねることで、さらに赤みを目立たせなくすることが可能です^^
赤みを隠すめの色味はベージュ、ベージュオークル、ライトイエロー、イエローベージュ、イエローオークルです。

チーク
「頬が赤いのにチークなんてしたら余計に目立つ!」とチークを避けがちの人もいるはず。
でもチークを入れることで血色を良く見せられますし、赤みをごまかすこともできます♪

しかし、注意してほしいのが濃い目のピンク色のチークだと赤ら顔を目立たせるということ。
そうならないためにも、できるだけ肌馴染みの良いオレンジ色のチークを使うようにしましょう(^^)
ただ、どうしてもピンク色が良いという場合は淡いピンク色を選んでくださいね!

7 病気の可能性もある?皮膚科の受診も大切

「長期的に顔が赤い」「赤ら顔の原因が分からない」「なにをしても良くならない」
そんなときは皮膚科へ行くことも検討してください!

なにが原因か分からないときは医師に相談

自分自身で赤ら顔の原因を判断するのが難しい場合もあります。
それにも係わらず、色んな化粧品を試してみたり市販薬を塗ってみたりとやみくもにあらゆるケアをするのは良くないです。

それはもしかすると、病気の可能性もあるからです。

原因不明の赤ら顔や化粧品で治らない赤ら顔に悩んでいる人は、医師に相談することを優先にしましょう。
早いうちに相談することで最善の解決策を見つけることができますよ!

化粧品で対策が難しいタイプの赤ら顔

ちなみにこの3つのタイプは化粧品での解消が難しいです。

①酒さ(しゅさ)
②脂漏性皮膚炎
③赤面症

皮膚科でクリームや漢方などを処方してもらうことをおすすめします。
無理に自己解決しようとすると症状を悪化させてしまう恐れがあるので、医師の元で適切な処置を受けましょう!

8まとめ

正しいスキンケアをすることで、赤ら顔は良くなっていきますよ(*^^*)
諦めずに赤ら顔に効果的な化粧水を試してみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る